立場が人を作る

human-43351_640

前回、「環境が人を作る」との記事を書いていましたが、それと似たような感じで、「立場が人を作る(=成長させる)」のではないかと思っています。

皆さんの周りでも、例えば「要職にある人が辞めてしまった。後任にこれと言った人がいない、あまり好ましくはないけれど、経験などから考えると、あの人しかいないのでは・・・」と言った消極的な理由で、要職に据えられた方というケースがあると思います。

しかし、それまでは社内的にはあまり好ましく思われていなかった人物だったけど、意外とそれなりに務まっている、と言うのはそれほど珍しい話ではないのではないかと思います。

それは「立場が人を作った=それなりのポジションに相応しい仕事をしよう、と言う考えに成長させた」のだと思うのです。

スポンサーリンク

管理職という立場

私は30歳の時から10年以上、いわゆる「管理職」という立場で仕事をしていました。

当然、部下もいました。

管理職になる前は、大きな組織の中の、ただの「一職員」でした。

しかし、その当時からいつも「自分が管理職の立場なら、こんなやり方はしないのに」、「自分ならこうやる」等という考えは、常に持っていました。

なので、本当にたまたまのタイミングだったのですが、転職して管理職になった時には、まずは部下の事を中心に考えようという想いを持っていました。

私にはそれ以外のビジョンは全くありませんでした。

管理職の役割とは

boat-606187_640

しかし事業所の管理職となれば、部下の事ばかりでは、当然仕事は回りません。

部下の事を犠牲にする事もある、と言う意味ではなく、その他にも色々と考えなければいけないことがあるからです。

収益の事、顧客管理などの事業所全体の運営も、考えなければなりません。

そうする事で(語弊を招く言い方かもしれませんが)スタッフの要望だけを叶える存在ではなくて、この事業所がどこへ向かうのか=ベクトルを揃える事が管理者としての自分の役割だと考えるようになりました。

ベクトルをしっかりと定めて、一直線に揃える事で、スタッフへの指導も「軸」が出来ますから指導しやすくなります。

スタッフも「そのベクトルに向かうために、自分たちがこの様にしなければならない」、「そのベクトルからズレていたから、このように指導されたんだな」と自分の事業所の中での立場をしっかりと認識する事が出来るようになります。

そして、それらがうまく機能すれば、結果、業務も効率化が図れます。

なぜなら、進むべき道がはっきりとしていれば、修正も容易ですし、修正された方も「こちらの道に進めばいいのか」とわかり易いからです。

そして、それは事業所のスタッフ全員の、結束にも繋がると思います。

結束すれば、より業務の質もあがります。

結果、管理者としての自分の手間も軽減します。

・・・と、このように自分なりの手順を思考します=立場が人を作る(成長させる)事になると思うのです。

しかし、「そうは言っても、やはりこの人にはまだ時期尚早」と考える方もいると思います。

「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ」

ship-309618_640

そんな時には、山本五十六の、この言葉を思い返してみてほしいのです。

最近、そもそも山本五十六と言っても「誰それ?」という方も多くなってきましたが^^;

そもそも言うだけではなく、やってみせていますか?

やらせてみていますか?

その事を褒めていますか?

ありがちなのは「前にも言ったでしょ!!」、「何回も言ったよね!!」としか言わない上役。

よく「私はけなされたり、ダメ出しされると燃えるタイプです」という方もいますが、そんな方だけではありませんし、褒められて嫌な方はいないと思います。

そして、人を褒めることは実はダメ出しするよりも、とても難しいことだと思います。

難しい事だからこそ、出来た時の反動(=効果)は単にダメ出しをした時よりも大きいと思います。

とかく日本では「あの時の上司のあの言葉の意味が、今ならわかる」、「厳しい物言いも、君のことを思えばこそだ」と言う感じのことが美化されがちです。

もちろん、そのようなキツイ言葉を受け止めれるだけの器を持っている部下だ、と見極めた上でのことであれば、それも効果的に作用すると思います。

しかし、あなたはそれだけ、きちんとその人の事を理解できた上で、その言葉を発していますか?て言う事なんですよね。

「自分はこう思って、○○をした」等と自分を正当化しても意味がありません。

言葉は、受け取り手が、その意味を決めます。

独りよがりにならず、まずはしっかりと個々人を見ることが大事と思います。

30歳まで、ただの平社員だった私がこのように考えるようになった事も「立場が人を作った」と言えるのではないか、と手前味噌ではありますが、考える今日このごろです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする