アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機DCE-6515のレビュー

先日、それまで使用していた除湿機が、突然壊れてしまいました。

うちは大家族なので洗濯物もとても多いのですが、洗濯物を干している部屋にはエアコンがなくFFストーブしかありません。

そのため、結露がひどくなるので除湿機は欠かせません。

なにより乾く時間が全然違うので、今すぐにでも新しい除湿機が必要です。

そのため値段が手頃で、レビューの評価も良さそうだった「アイリスオーヤマ DCE-6515」という衣類乾燥除湿機を購入してみました。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマDCE-6515の特徴

この除湿機を購入するにあたり、事前に色々と除湿機について調べてみたところ、大きく2種類ある様です。

ひとつは、エアコンと同じしくみのもので、コンプレッサー式というもの。

もうひとつはゼオライトという鉱物の吸湿性を利用している、ゼオライト式です(デシカント方式ともいうそうです)。

その他にもある事はあるようですが、主なものはこの2つの様です。

コンプレッサー式

DCE-6515はコンプレッサー式です。

部屋の空気を冷やして湿気を水滴にして除去します。

例えば、エアコンで冷房にすると室内の空気が結露して水滴になりますが、除湿機の内部で同じ現象を起こして、結露した水をタンクに貯めると言うわけです。

空気中の水分(気体)が水滴となって除去されるので、空気は乾燥します。

このような除湿のしくみになっています。

コンプレッサー式は、比較的、除湿能力が高いそうですが、「空気を冷やして結露させて除湿する」というしくみなので、気温が低い冬場などには、あまり向きません。

夏場のように気温が高いと除湿能力が高く、消費電力も小さくできるようです。

あと、コンプレッサーの音と振動がします。

後述しますが、これはかなり気になりました。

ゼオライト(デシカント)式

ゼオライトという多孔質で吸湿性がある鉱物の粒(砂利のようなもの)をつめた円盤が入っています。

その円盤をぐるぐる回して、上半分で吸湿、下半分部分にはヒーターがあり、そこで水分を蒸発させることでゼオライトを乾燥させます。

簡単に言うとその繰り返しです。

特徴は、寒いときでも除湿能力が衰えないということです。

ですから冬場の除湿に向いています。

しかし、ヒーターを使いますから電気代はコンプレッサー式よりも高く付く様です。

またその構造上、室温が4℃くらいは上がるそうです。

今までうちで使っていた除湿機は、確かに室温が高くなっていました。

またゼオライト自体、年数が経つと吸湿しにくくなるそうで、その交換にはメーカー対応となるため自分ではできず、結構なお値段がする様です。

ただコンプレッサー式も、コンプレッサー自体の寿命がゼオライトとほぼ同じ5年程度らしいので、ここはどちらも大差ないのかなと思います。

で、結局アイリスオーヤマDCE-6515を選んだ理由は、いつもの如く「安い」というのもありましたが、以前までのものがゼオライト式だったので、次は違うものを使ってみたいというのもありました。

アイリスオーヤマDCE-6515のレビュー

と言うわけで、いつもの如くネットにて注文したこの除湿機ですが・・・・

お、重い!

大きさ的には幅29×奥行き19×高さ47.7という事で、それほどでもないのですが、意外な重さにびっくりしました。

ちなみに約9.3kgとのことです。

まあ私は重さやサイズにはそこまで拘りませんよ。

除湿機に求めるのは除湿機能ですから、それが十分なら多少重くても我慢します。

電気代と夏の室温上昇の少なさをアピールしています(^^)

真っ白でシンプルな外観は、これはこれでいいと思います。

下手に差し色などが入っていない方が、部屋にうまく溶け込むと思いますので、私は気に入りました。

上部の操作パネルですが、スイッチが3つしかありません^^;

これまで使っていた除湿機は色々な機能があったので、スイッチもたくさんありましたから、なんだか物足りない気がします・・・

まあ値段なり、ということですね。

除湿されて溜まった水を捨てるタンクです。

これについては以前使っていた除湿機もなんですが、もうちょっと何とかならないものかと・・・

ご覧の通り、水が溜まっている量はわかる様になっているのですが、本体裏側を見ないとわからないんですよね。

でも除湿機の風の吹き出し口は前面にあるんです。

しかも、さきほどお伝えした通り本体は重いので、いちいち持ち上げて裏側を確認するというのは大変です。

以前まで使っていた除湿機も、タンクはちょっと不親切な感じでした。

そしてこの造りもやはり何とかならないものかと。

手前にある出っ張りを引っ張って、↓のように蓋をとり水を捨てます。

やはりこれも以前の除湿機もそうだったのですが、タンクの蓋はタッパーの様になっていました。

取りにくいし、捨てにくい・・・

しかしDCE-6515については、画像の様に蓋を取り外さなくてもタンクを傾ければそのまま排水できたので、私はそうしています^^;

蓋を取って捨てても、取り外さずにそのまま捨てても、必ずタンク外側が水で濡れます。

ですからどっちにしても水を捨てた後、タオルで拭かなければなりませんから、手間は一緒です。

本体前面は、このようにルーバーがついていますが・・・・・・

なんと手動でした(^_^;)

まあ値段なりですよね。

まあなんだかんだ言っても、とにかく除湿できればいいのです!

という事で、その性能ですが・・・

冬場は向かない

散々、ネットなどでも書かれている事ですが、やはりその通りです。

正直、以前までのゼオライト式のものよりも、洗濯物の乾きが明らかに遅いです。

レビューで「寒い時期でも結構乾く」とあったので期待したのですが、やはり使用環境にもよるのでしょう・・・

あと、扇風機を併用したところ、かなり乾く様になったというレビューもありました。

確かにDCE-6515は、ルーバーが固定式なので、扇風機の併用は効果がありそうですが、うちでは洗濯物を乾しているスペースにはこれ以上、ものは置けないので試していません。

うるさい

私的に、1番気になったのが音のうるささです。

それも送風音などではなく、「ウゥーン」というモーターの重苦しい音とでもいうのか・・・

うまく表現できないんですが、水槽のフィルターの音が一番近い気がします。

ハズレの外掛けフィルターや、何年も使用して古くなったフィルターのモーター音という感じで、リビングなどでは使用したくないです。

うちの妻はそれらの音は全く気にならないそうなので、やはりこれも個人差と言うしかありませんが・・・少なくとも私は自分がいる部屋では絶対に使用したくありません。

と言う事で、やはり冬場、洗濯物を乾かす目的であればゼオライト式を購入するのが無難な気がします。

しかし、夏場はコンプレッサー式がその能力を発揮してくれると思うので、その時にまた再レビューするかもしれません。

あと電気代については、まだ検証できるほど使用していないので何とも言えませんが、商品の前面にもこれだけ電気代の安さをアピールしていますので、期待できると思います。

電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

因みに・・・・・・

このアイリスオーヤマDCE-6515を購入した2,3日後・・・なぜかそれまで使用していた除湿機が復活しました。

悲しい様な嬉しい様な・・・(^_^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする