Bluetooth対応スピーカー フィリップスBT100の再レビュー

バージョン 2

結構前に、少し良い音で、手軽に音楽が聞きたい Bluetooth対応スピーカー フィリップスBT100という記事を書きましたが、割りと興味のある方が多いようで、今でも多くの方に見て頂いている様ですm(_ _)m

最近その事に気づいて、私自身も改めてその時の記事を読み返してみたのですが、いまいち正しく伝えきれていない気がするというか、軽くdisってるような内容にも見えるなと思い(^_^;)、改めて、現在の私の使用状況からの、レビューをしてみたいと思いました。

スポンサーリンク

私のBluetoothスピーカーの使用状況

これはBT100に限ったことではなく、ワイヤレス(電源コードが不要)のBluetoothスピーカーであれば皆、同じと思われます。

家事をしながらスマホ内の音楽を聞く

スマホに音楽を入れている方も多いと思います。

最近では、Podcastでニュースや英会話などをダウンロードして楽しまれている方も多いのではないかと思います。

例えば食器を洗うあいだ、洗濯物を干すあいだ、などちょっとした家事の合間に、暇つぶしに音楽を聞きたいという方も、多いのではないかと思います。

そんな時はスマホで再生を押して、BTスピーカーの電源ボタンを入れるだけなので、気軽に使うことが出来ます。

またBT100のようにコンパクトなものであれば、洗濯物を干し終わったら台所へ洗い物に行く時に、そのまま聞きながら持って行って、台所で洗い物を始める、といったことも可能です。

私は実際に、食器洗いをしている間は目の前の棚において、PodcastやiPhone内の音楽を聞いています。

パソコンの作業中にiTunesで曲を聞く

これはブログの執筆中や、ネットを見ている時などに、Mac内の音楽をiTunesで流している、といった感じです。

最近はYouTubeでも連続再生が出来るようになったので、そちらで楽しまれている方も多のではないでしょうか?

家事の最中、パソコンの作業中といった使い方は、どちらもまあ取り立てて言うほどもない、誰しも行っていることだと思います(^_^;)

BluetoothスピーカーBT100の再評価

thumb_IMG_7155_1024 のコピー

なぜ、いま改めてもう一度レビュー記事を書こうと思ったかというと、以前と使用環境が少し変わったため、BT100についての私自身の中での評価を改めたからです。

2回目なので、長々とやってもしょうがないのですが、改めてまとめます。

BT100に適していると思われる使いかた

前回のレビューで『ご近所に気を使う必要がない人で、スピーカー本体から少し離れた場所である程度の音量を出せる(喫茶店のBGM的な使い方ができる)方にはかなりオススメ』と書かせていただきました。

少し分かり難かったかな?と思いましたので、もう少し詳しく説明したいと思います。

小さいスピーカーだからといって、あまり近くに置いて聞くと、そんなにボリュームを大きくできません。結果、音があまり良く聞こえない、と言った感じになるのです。

そのため、ある程度の音量は出したいので、隣近所に迷惑の掛からない環境にお住まいの方、例えば日中や、一軒家にお住まいの方などの方が相応しいのかな、と。

そして、ある程度の音量を出す事で音がはっきりと聞こえてきますし、低音も多少明確になってきます。

そのために、むしろ自分から少し離してスピーカーを置いたほうが良いと思います。あと、硬い物の上に置いて鳴らしたほうがより良いと思います。

と言うことで、硬いものの上において、ある程度の音量(普段テレビを見ている時と同じ位)で聞くのが、もっとも適している使い方ではないかと思います。

私は現在は、Macを開きその1メートル位前方にある、テレビ台の上に載せて使用していますが、充分満足しています。

またBT100の価格は、以前に私が記事を書いた時から殆ど変わっていません。

しかしこの記事を書いている2016/2/4現在では、後継機であるBT50というものの方が、BT100よりも更に価格が安くなっているようです。

いずれにしましても、あくまで私のレビューとしては『この価格でこの便利さが手に入るならアリ』といった感じです。

価格も手頃だと思いますので、興味のある方は試してみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする