Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M2を購入して生活が変わった

img_9524

タイトルの通り、実はキヤノンのミラーレス一眼カメラEOS M2を購入したのです(*^_^*)

私はカメラは全く知識がなく、また他のカメラもわかりませんので、EOS M2のカメラとしての性能や使い勝手などのレビューは出来ません。

しかし、私のような単純に「携帯やスマホ等ではなく、ちょっとまともなカメラが欲しい」けど、迷っている方の為に、EOS M2を購入した事で生活にこんな変化があった、楽しみが増えたという事などについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜCanon ミラーレス一眼カメラ EOS M2を購入したか

はい、これはもういつもお馴染みの理由で「安かったから」です(^_^;)

と言うか、もともとカメラは欲しかったのです。

やはり「男」なので、メカものには単純に惹かれますし、最近は子どもの運動会なんかでもたまに一眼レフカメラを持ってきている方なんかもいるんですよね。

ああいうのを見ると「走ってる子どももきれいに撮れるんだろーなー」なんて漠然と思っていました。

また私はこのブログと「親子でラジコン」というもう一つのブログもやっていますが、ブログで使う画像もスマホで撮るよりきれいに撮れるんだろーなーという、やはり漠然とした思いもありました。

しかし、一眼レフカメラはやっぱり高いんですよね。

でも普通のデジカメ買うくらいならスマホで充分かなー、とか・・・

そうした悶々とした思いをずーっと抱き続けていたんですが、ちょっと前にAmazonでこの

EOS M2のセールをやっていまして。

EOS M2は一眼レフカメラではなくて、「ミラーレス一眼カメラ」というものですが、それでも普通のデジカメよりは高性能のもののようです。

レビューや他のブログなどでも評判が良いようなので、思い切って妻に相談した所あっさりと許可が出たので、意を決したわけです。

因みにカメラには「コンデジ(コンパクトデジタルカメラ) ミラーレス一眼カメラ 一眼レフカメラ」があるようで、当然左から右に行くに従って価格も高くなります。

大きな違いとしては「レンズが交換できるか否か」というものがあります。

というかレンズが交換出来るのはミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラのみのようです。

構造上の難しい違いは置いておいて、とりあえずそこそこの値段で買えて、そこそこの画質でとれるだろう、と言うことで良いんじゃないでしょうか(^_^;)

そしてこのカメラを手に入れたことで、色々とこれまでの生活から変わったことがありました。

よく子どもと公園へ行くようになった

IMG_4796

※画像はSTRIDERに乗って公園へ向かうわが子です。おかしな格好をしています(^^)

それまでも子供と公園へはよく行っていましたが、前よりも心理的ハードルが低くなった気がします。

子供の写真を撮りながら、撮影の練習をしようと思って常にパシャパシャやっています。

どこへ行くときもカメラを持っていくようになった

先程の公園だけではなく、ちょっとした外出の際にもカメラを持っていくようになりました。

まあでも主に子供しか撮らないんですが、そのうち自転車でゆっくりブラブラしながら、立ち止まってカメラで風景など撮りたいな、なんて考えています。

また大きい子の部活の試合の際に、撮影を頼まれた事もあります。

正直、撮影自体に自信がないし、まして動いている被写体を撮るなんて・・・と思っていたのですが、意外と評判が良かったようです。

というのも先日の文化祭の際に、私の撮った写真が販売されていたそうなのですが、結構売れていたということでした。

やはり、そういう話を聞くと単純にうれしいですよね。

EOS M2の気をつけたい所

img_1374

※この画像はEOS M2で撮影したものです。

私は他の比較対象のカメラがないので、これがEOS M2ならではのことかそれとも一般的にミラーレス一眼カメラ全体に当てはまる事かはわかりませんが、初めてミラーレス一眼カメラを所有して気づいた事を何点か。

バッテリー切れに注意

先程の子どもの試合の撮影の際に、色々と設定をいじったりズームを繰り返したりしていた為だと思いますが、2時間程度で残量が僅かになってしまいました。

充電式バッテリーですから、予備バッテリーがなければそこで終りなので、ちょっと気をつけたいところです。

ケースがない

特にケースは付属していません。

しかし結構重さがありますし、形的にもの凄く不安定なんですよ。

レンズが結構な大きさがありますが、本体はコンデジ並にスリムです。

ですから、とても不安定な形状だと思います。

img_9525

そして画像のように、凹凸が乏しいボディなので、最初は「どう持ったら良いんだろう?!」と、とってもシックリきませんでした。

なので、私のようにこの様なカメラに慣れていない方は、ぶつけたりしないよう細心の注意が必要です。

私が子どもの頃なんかは「カメラなどの貴重品はお手元に・・・」なんてアナウンスや注意書きをよく見かけたものです。

その位、カメラは特別なものと言う感じでしたが、今は性能的にもスマホのカメラで充分きれいな画像がとれます。

しかし、敢えてこの様なカメラを手にすることで「撮影するために子供と出かけよう」とか「撮影するために自転車に乗って出かけよう」とか色々と楽しみが増えました。

今後の課題は水槽の魚を上手に撮ることですが、なかなかうまくできません(^_^;)

取り敢えず風景等をとって、ブログの中にも積極的に使っていきたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする