猫のトイレとオシッコの掃除1

9c776406a92bb1c4f5c41c78a8e493e6_s copy

今回は猫のトイレと、オシッコの掃除についての話です。
このブログを見てくださっている方たちの中にも、猫好きの方ってたくさんいらっしゃると思いますが、猫のオシッコって本当臭いですよね‼︎

勿論ウンコも臭いんですけど、オシッコはちょっと別格というか…(T ^ T)

特にトイレ以外の場所にオシッコをされた時は本当にショックですよね。

とにかく臭いし、においが取れない‼︎
あの臭さと、そのにおいの取れなさはイオナズン喰らった後に、ザラキ重ねられた位のショックです。

と言うことで今回は、私が使ってみて良かった猫用トイレと、オシッコをトイレ以外の場所でされてしまった時に役立った対応方法について書きたいと思います。

但し!!トイレについては、まず大前提としてアパート等の室内、または自宅でも自分の部屋或いはリビングなどにトイレを置かざるを得ない方に向けての、オススメになります。

理由について詳しくは後述しますが、結局一番良いのは『昔からある固まる砂』だからです(^_^;)

スポンサーリンク

猫のトイレはやはり屋根付きが良い

これは置き場所のスベースにある程度の余裕があれば、是非屋根付きの使用をオススメします。出入口に蓋がついてあるものであれば、尚、良いと思います。

理由は簡単、単純に臭いが広がらないからです。

ただ気をつけて欲しいのは、この小屋の様なタイプはその形によって中の砂(因みに一般的な固まる砂ではなく、オシッコを吸う砂)のタイプも違います。まあメーカーが違うので、当たり前なんですけどね・・・

性能的にはどれも大差無いような気はします。それに、どのトイレにどの砂を使用しても大丈夫とは思いますが・・・

因みに上記の画像のどちらのタイプも、オシッコを吸う硬い砂をスノコの上に敷き詰めて使用します(多分シリカゲルです)。その硬い砂をすり抜けたオシッコが、スノコをスルーすると下にあるトレーに敷いてある抗菌シートに吸われるので、何日かしたらそのシートを交換する、と言った仕組みになっています。

このタイプのトイレはメリットとして

①屋根等で覆われているため、臭いが広がりにくい。

②一般的な固まる砂ではないため、砂埃が立ちにくく、猫が部屋を汚さない。

という所が挙げられると思います。

逆にデメリットとしては、

①普通の固まる砂に比べると、(多分)ランニングコストが若干かかる。

というのと、最大のデメリットとして

②使用期間が長くなると、常におしっこ臭さがしてくる!

というのが挙げられます。これは砂を全部新しいものに取り替えて、下のシートを新しいものにしても臭いままなんです。

何故、掃除したばかりの猫のトイレが臭うのか?!

a1320_000197

知ってる方には当たり前すぎることかもしれませんが、私は暫くの間、とても不思議でした。

何故、買った当時はあれだけ無敵感を出していた、上記のトイレがある日突然臭くなってしまうのか・・・

考えてみれば当たり前なんですけど、先ほどご説明したとおり、猫がトイレに入ってオシッコをすると

1.砂にオシッコがかかります。

2.砂がオシッコを吸い取ります。

3.吸い取れなかったオシッコがスノコを通り、下のトレーのシートに吸われます。

そう、トイレに直接オシッコが触れてしまうのです。トイレはプラスチックですし、猫の習性でオシッコをしたあとは足で砂を掻きますので、少しずつトイレに傷も付くでしょう。その傷にもオシッコが入り込むというか、染みこんでいくと思います。そのために、トイレ自体が臭ってくるのです。

せっかく、臭いが広がりにくいトイレを使っているのに、トイレ自体が臭くなってくるなんて、本末転倒も良いとこですよね。

という訳で、次回はその改善方法と(いくらか)臭いがしにくいトイレをご紹介したいと思います。

つづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする