GIOSミストラルと一緒に購入したもの

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%91%ef%bc%90

前回、「GIOS ミストラル本体以外に購入したものなどをご紹介したいと思います」と言っておきながら、ご紹介するのを忘れていましたので、今回改めてご紹介したいと思います(^_^;)

スポンサーリンク

ミストラル本体以外に必要なもの

これは、クロスバイクを通勤などの普段の生活で使うなら、必須といえるものだと思います。

※画像のライト等は全て私が購入したものです。

ライト

何はなくともと言う位、優先順位から言ったら1,2ではないでしょうか?

夜、全く走らないというのは考えにくいですし、完全に日が暮れてしまわなくても、他者へ存在をアピールする為にもあったほうが良いですよね。

私が購入したものは上記のリンクのものですが、非常に明るいです。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%99

大きさ的には手のひらにすっぽり収まりますから、結構コンパクトなほうではないでしょうか?

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%98

こちらはバッテリー部分です。

結構、重みがありますがケースにマジックテープが付いていて、フレーム等にしっかり固定出来るようになっています。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%92

先程の本体とバッテリーをこのようにコネクタで接続します。

ねじ込みして固定するようになっているので、多少は雨にぬれても大丈夫ではないでしょうか。

iPhoneで撮影したので少し判り難いかもしれません(^_^;)

後ろに犬の鳴き声も派手に聞こえてますね・・・

動画をご覧になっていただくとおわかりと思いますが、中心だけが特に明るいのですが、その明るさが半端ない感じです。

かなり下向きにして使用しないと、対向車が危険なレベルと言えるくらい明るさは充分と思います。

またバッテリーの充電はまるまる一晩要する感じですが、1日約40分位使用して1週間以上、持っていますので、かなり持ちは良いのではないかと思います。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%95

バッテリーはご覧のように、ゴムのケースで覆われているので、こちらも防水性は高いのではないかと思います。

スタンド

これもかなり優先順位が高いのではないでしょうか?

中には付けないで使用されている方もいらっしゃる様ですが、私の様に通勤などの普段使いに使うものには無いと不便です。

コンビニに行った時にも、止める場所に気を使いますし・・・

スタンドについては、やはりお値段の高いものは軽いようですが、私はリンクの通りお安いものにしました・・・(^_^;)

また色々な商品を見ているとレビューに「使っているうちに自転車が倒れてくる(きちんと固定されない)」であるとか、「クランクと干渉する」といった物もあったりしたのですが、こちらの商品はミストラルにはズレることもないし、干渉もありません。

デザインはいまいちな気がしますが、それでも装着したらそこまで気になりませんでした。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%92

ご覧のように、3ヶ所をネジ止めして固定します。

1番下のネジのカバーはご覧の通り、初めから少しひしゃげていました。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%91

また上の画像の通り、初めから削れたような跡もあります。

まあ値段なり、てとこですね。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%93

内側にはゴムのすべり止め?も付いていて、取り付けしてもしっかり固定されました。

%e5%ae%8c%e6%88%90%ef%bc%91

画像のような感じです。

今まで、他の方の自転車の画像を見ても、「なぜクロスバイクやロードバイクはスタンドを付けるとかっこ悪いんだろう?」と不思議だったのですが、後輪のフレーム?にしか取り付け出来ないからなんですね!!

普通のママチャリとかは、後輪の中心のハブの所にスタンドが付いてますもんね。

VOLDY ヴォルディ 自転車 27インチ ヨーロピアンシティサイクル ダイナモLEDライト シマノ6段変速 VOLDY VO-CTV276LED フレーム ホワイト

こんな事も、買ってみて初めてわかりました。

テールライト

これも「ライトは必要ない」という位に完全に夜間は走らない!と言う方以外は、出来れば付けた方が良いのではないかと思います。

こちらは後方から来る車に、自分の位置を知らせる為の目的のものになります。

比較的安価に購入できますし、その値段の割には安全性は高まる=費用対効果はかなり高いのではないかと思います。

私は車も運転しますが、やはりこういったランプを付けている自転車は視認性が非常に高いと思います。

私が購入したものは太陽電池のものですが、どの程度充電が持つかはわからないので、安全性をとるなら電池式のもののほうが安心かもしれません。

いずれにしても、そんなに高いものではないので、是非つける事をオススメします。

ベル

img_9314

これは100均で買いました。

私は正直、今まで一度もベルを鳴らしたことがないんですけど、一応、法律で装着が義務付けられているようですので・・・

空気入れ

これも必須ですね。

ミストラルの様なクロスバイクという車種は、タイヤの空気バルブが一般的なママチャリのものとは違い、仏式バルブというものだそうです(因みにママチャリなど多くの一般的な自転車は英式バルブだそうです)。

またバルブが違うだけでなく空気圧もかなり高めだとの事なので、空気圧のシビアな管理が必要な様です。

その為、ゲージ一体式のほうが便利だろうなと思い、またお値段も手頃でレビューも多い上記のものを選びました。

あとPanaracer(パナレーサー)というブランド名がカッコいいし、デザインも好みです(^^)

因みにこちらはまだ一度も使用していないので、レビューは出来ないのですが、少し気になる所が・・・

側面に意味不明の小物入れが付いています。

しかし!!仏式バルブから英式バルブへ変換するアダプターが付属しているのですが、このアダプターは入らないという、なんともお粗末な造りが少し残念・・・

%e5%ae%8c%e6%88%90%ef%bc%92

この時はハンドルがごちゃごちゃしてます(^_^;)

画像にあるピンクのワイヤー錠の他に、アルミ製のU字ロックも併用しています。

こちらはいつ買ったのかもよく覚えていないのですが、2個とも以前からあったので買わずに済みました。どちらも千円前後だったはずです。

以上のものを全て合わせると・・・

  • ライト 2,390円
  • スタンド 899円
  • テールライト 460円
  • ベル 108円
  • 空気詰め 2,163円
  • 鍵×2個 約2,000円

と言う事で、パーツだけで約8,000円必要という事になりますね。

因みに鍵は出来れば2個以上使ったほうが良いのではないかと思います。

特にミストラル等のクロスバイクはホイールが外しやすい構造になっていますので、前後のホイールをロック出来るようにするためです。

その他に私はサイクルコンピューター約3,000円、ズボンの裾をとめるバンド108円、スポークに付ける反射板108円、自転車カバー約1,000円を購入しました(^_^;)

他にヘルメットも買わなければならないよなー、とか・・・

なので、よくこういう自転車を買うと自転車本体以外に約1万円必要と言われていますが、その通りだなー、と。

私も今回ブログにすることで改めて「こんなに使ってたんだ(!!)」と、ちょっとびっくりしました・・・

と言う事で、備忘録も兼ねて購入したパーツをご紹介してみました。

次回は今更ながらの、初走行レビューをお届けします。