GIOSミストラルと一緒に購入したパーツ等を1ヶ月使用したレビュー

img_9499

GIOSミストラルを購入して1ヶ月が経過しました。

ミストラルの購入と同時に、色々なパーツも購入していました。

振り返ってみれば、安全性を高めるパーツが多かったなという感じですが、その他にもサイクルコンピューター等も購入していますので、それらのパーツについて使用を続けてみてのレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

suaokiのサイクルコンピューター

img_9439

取り付け方法や機能などについては、以前の記事でご紹介していますので、良かったらそちらもご覧ください。

かなりの低価格ながらケイデンス測定機能も備えているsuaoki製(中国のメーカーのようです)のサイクルコンピューターです。

画像のようにラップを巻いて、なんちゃって防水加工を施しています。

雨降りの日は乗らないのですが、帰り道に突然雨が降ってくることもありますから、念のためです。

1,2回ほどパラパラっと弱い雨に濡れましたが、問題なく動き続けています。

と言う事で使い続けてみての感想ですが、機能は必要充分なものだと思います。

この価格でこれだけの機能があるので、私的には多少の使い勝手の悪さは許容範囲です。

ですが、私が許せる範囲のものが「それは致命的だろう!!」て方もいると思いますので、敢えてネガティブな面を挙げてみたいと思います。

余計な表示が多すぎる

ストップウォッチとか要らなくないですか?

私は全く必要ないなー、と思います。

またディスプレイ上部に大きくスピードが出るのは見やすくて良いのですが、それ以外のディスプレイ下部に出る情報は、本体左のボタンを押して一回毎に切り替えなければなりません。

なので、普段は時計表示にしているけどたまにケイデンスが見たい、という時は何度もボタンをカチカチしなければならず、少し面倒です。

もし、画面に複数の情報が表示できて、しかもその項目を自分で選べたら凄く便利だなと思います。

そのようなサイクルコンピューターが、そもそもあるのかどうかわかりませんが・・・(^_^;)

トリップメーターが使いにくい

これは以前にも述べましたが、もしかして私が操作を理解していないだけかもしれません(しかし、それも逆に言えば理解しにくい説明書だったり、操作が判り難い筐体という言い方も出来ると思います)。

トリップメーターらしき画面もあるのですが、その日1日のトータルでしか表示されないのです。

例えば職場までの距離を「行きはAというルートで何キロあるか測り、帰りはBのルートが何キロあるか測りたい」。

このような場面では、1日に複数回リセットする必要があります。

そしてリセットをすると平均速度や最大速度がリセットされてしまいます(^_^;)

まあ正直、平均速度、最大速度がリセットされてもそれほど困りませんけどね・・・

バックライトは殆ど役に立たない

これも以前に述べましたし、動画でもお伝えしたとおりです。

少なくとも私には、夜はディスプレイ上部のスピード表示が何とか見える程度で、下の文字は見えません。

その為、夜間の走行時にはケイデンスを見るのは(少なくとも私には)不可能です。

suaokiのサイクルコンピューターは買いか?

私としては、気になるのは上記の事くらいです。

しかし3,000円以内で買えますから、全く問題にしていません。

1ヶ月あまり使い続けてみても、機能面についての感想も購入当初と全く変わりません(^_^;)

とりあえず故障や不具合などは無く使えています。

まだ1ヶ月なので、耐久性という面は評価しかねますが・・・

と言う事で、上記の事が気にならない方は購入しても良いのではないでしょうか?

しかし、それとは別にサイクルコンピューターを購入してから気づいたこともありました。

サイクルコンピューターの功罪

功罪、なんて言うと大げさですが、1番欲しかったスピードメーター表示が意外と邪魔に感じる時があります。

特に登り坂の時なのですが、ふとスピードメーターを見て「8km/h」なんて表示されていると「もっと漕がなきゃ!!」などと、変にプレッシャーを感じてしまうのです(^_^;)

普通の道路を気持ち良く走っていても、同じようなことがあります。

そうなると、スピードを上げるためにひたすら漕ぐだけになってしまい、全然楽しくないのです。

なので、昼間走る時はなるべくメーターを見ないようにしていますし、夜はもともとメーターが見えないので、むしろ気楽に走れたりします・・・(-_-;)

ライト

img_9478

これは買って良かったですよ!!

とにかく明るいです。

8時間程度使用できるとの事ですが、1回あたりの連続使用時間の長短にも大きく左右されるのでしょう。

私のように1日30分程度の使用であれば、明らかに8時間以上使用できている印象です。

img_9485

因みにバッテリーの充電がなくなってくると、普段は緑で光っている、画像の水色のボタンの部分が、赤に変わります。

赤の状態でも一応明かりは点きますが、全くと言っていいほど道路は照らせないので、注意が必要です。

このライトにはハイモード、ミドルモード、フラッシュモードがあります。

私はハイとミドルを都度、切り替えて使っています。

フラッシュモードは使うことがありませんし、あまりに眩しく他者にもかなり迷惑そうな感じです。

今のところ、故障などのトラブルはありません。

2,3度、通り雨に濡れましたが影響ないようですし、その他に特に気になる所もありませんので、こちらもやはりオススメできると思います。

テールランプ

img_9500

これは非常にお安く購入できて、デザインも気に入っているのですが、強くビスを締め付けすぎたために、取付けのプラスチック部分が割れてしまいました・・・(T_T)

そのため上の画像のように、金属製のステーを購入してきてミストラルに元々ついている、キャリアなどの取り付け用の穴とビスを使用して固定しました。

以前まではシートポスト部分に取付けていたため、自転車のど真ん中に付いていましたが、現在はこのようにちょっと右よりに取付けられています。

なんとなく見た目的にもこの方が好みです。

こちらも多少、濡れましたが現在まで(取付部の破損以外は)トラブルなく使用できています。

このランプはソーラー充電式ですが、私は車庫に置いているので曇天続きだったりすると充電が切れちゃわないかなー、と心配していました。

しかし、特に改まって取り外して充電している訳でもないのですが、しっかりと点灯していてくれますので、普通に日中走っていれば充分に充電されるようです。

サイドスタンド

こちらについては、以前、ご紹介したとおり私の購入したものは、どこかに干渉するなどといった事はなく、きちんと使えています。

また1ヶ月以上使用していても、緩んできて自転車が倒れたり等といったこともなく、しっかりとミストラルを支えてくれています。

センタースタンド

img_9479

しかしセンタースタンドを購入後、サイドスタンドの取り付け位置を変えなければなりませんでした。

以前の記事で「クロスバイク等に後付のスタンドを付けるとカッコ悪い」との事で、私は出来るだけハブよりに取付けていました。

しかしセンタースタンドにミストラルを載せようとしたところ、ミストラルは下の画像のように後輪のフレームの下に変速機用のワイヤーが通っています。

img_9480

センタースタンドに載せる時に、ワイヤーの部分に載せてしまうと、フレームに傷がついたりワイヤーにも宜しくないのではないかと思い、画像のワイヤーより後ろの黒い被膜の部分のあたりに載せようと考えました。

そうするとサイドスタンドはもう少し前の方に移動しなければならず、やむを得ず取り付け位置を変更しました。

その他に購入したもの

その他に購入した細々としたもの達です。

ズボンの裾止め

img_9520

百均で購入しました(2個入り)。

画像ではそうでもないですけど、実物は反射板の所が「本当に反射するの?」という位、曇っている感じで効果が薄そうですが、ズボン止めとしては普通に使えています。

しかし自転車店等で売られているものだと、もっと幅が広かったり他にはLEDライトが内蔵されているものもあるようなので、安全性からいうとやはり専門店の方が良いようです。

ネットで検索する時は「ズボンクリップ」で検索すると良いようです。

その他にもスポークにつける反射板として、やはり百均で購入しました。

img_9444

本当に車から見えているのかどうかちょっと怪しい気はしますが、まあ100円だからいっか、と言う事で・・・(^_^;)

バックミラー

img_9443

これも「百均だからダメもとで・・・」と思って購入しましたが、ダメな方でした(^_^;)

ブレまくって全然、後ろが見えません。

また位置もズレまくります。

しかし、これは通勤には必須じゃないでしょうか?

カッコ悪いですよ・・・

それはわかっているんですが、例えば車道を走っている時って出来るだけ左側を走ると思います。

しかし、側溝の穴の空いた蓋や道路にハミ出ている電柱などがあり、どうしても右側(車道)に少し移動したい時があります。

そんな時、後ろから車が来ているかどうかをいきなり振り返って確認するよりは、一度ミラーで見てから振り返ったほうが、お互いに安全だと思うんですよね。

世に所謂「通勤仕様」みたいに銘打った自転車を見かけますが、積載性や泥除けなどに重きを置いているものが殆どで、バックミラーを付けている自転車ってあまり見ない気がします。

しかし私は安全性を重視したいので、ミラーは別なのを購入して付け替えたいと思っています。

ゴムホース

これは自転車用パーツではないですけど・・・(^_^;)

やはりこれも以前にもお伝えしていましたが、様々なバーツの取付けにフレームとパーツとの間に咬ませる事で、振動によるズレやブレを防ぐことが出来るので、非常にお薦めです。

img_9471

img_9498

ライトやテールライトのビス部分に若干、ホースがはみ出ています(^_^;)

しかしこうする事で、ライトはしっかりと固定され動きませんし、ビス止めする場合にもトルクのかかり過ぎを防ぐことも出来ると思います。

画像にはありませんが、サイドスタンドの固定にもホースを咬ませています。

コスパ最強の対応策ではないかと思います!!

という訳でレビューというよりも、私なりの自転車ライフの紹介に終止した気もしなくはないですが・・・

段々と寒くなってきており、シーズンオフも近づいているのですが、また気がついたこと等があればお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする