iPhone(スマホ)の便利な使い方1

 4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s のコピー

前回iPhoneのMVNO、要するに携帯電話としての運用の仕方について記事にしましたが、今回からは何回かに分けてiPhoneアプリを使用した、スマートフォンならではの便利な使い方をご紹介したいと思います。

私はこれまで、iPhone以外のスマートフォンは所有したことはありませんが、今回紹介するものはAndroidのスマートフォンと共通のアプリが殆ど、または同じようなアプリが必ずあるはずですので、Androidユーザーもスマホの運用という点で、参考にしていただけるのではないかと思います。

また紹介するものは、iPhoneアプリですが殆ど無料のものばかりです。

便利といえども、やっぱり無料がいいですよね(^^)

スポンサーリンク

スキャナーアプリ「iScanner」

まず1番最初に紹介するのは、所謂スキャナーアプリというものです。

殆ど無料、と言いながらいきなり有料アプリで申し訳ないのですが、頻繁に無料セールを行っているので、こまめにチェックすることをお勧めします。

これは何をするものかと言いますと、書類を撮影して、簡単な操作で綺麗に補正して保存、更に後述しますDropboxやEvernote等のクラウドサービス(最近、この言葉あまり聞きませんね^^;)へアップロードすることが出来ます。

ネット上では「名刺を綺麗に取り込める」や「メールで送ったりプリントできる」などと、ここまでは色々なサイトにかかれているので、ご存知の方は多いと思います。

ただ大切なのは、「自分の生活にとって、どういう使い方ができるのか(どういう場面でメールで送れば便利なのか、メリットをうみだしてくれるのか)」だと思います。

正直、名刺は専用の名刺管理アプリを使用したほうが100倍、良いと思います。

では具体的な使用例を。

①営業職などで、今までは訪問先で借りてコピーをとる必要のあった書類が、訪問先でスキャンするだけで済むので、返しに行く手間が省ける。

「わたし、スマホって殆どメールと電話くらいなんだよね」という方に、この使用法を教えてあげると、かなりの確率で「すごーい!!使いこなしてますね」と言っていただけます(^^)

これは私の中でも、かなり重宝している使用法です。

私の業務的に(割りと特殊なので、詳しくは伏せますが^^;)かなりの頻度で、訪問した取引先で、こちらも控えがほしい書類というのがあります。

iPhoneを使用するまでは、それを借りてコピーをとってからまた返しに行く、という手間がありましたが、それがなくなったので一度の訪問で済むようになりました。

因みに私が必要とするのはA4の書類が多いのですが、一度スキャンして簡単な補正の後、パソコンへ転送。

その後パソコンから印刷すると、全く問題なく控えとして使用できます。経験上、A3でも充分利用できます。

②スキャンした画像をアプリ内でフォルダで整理できるので、簡易的なカードフォルダとしても使用できる。

私はiPhoneやパソコンでネットショッピングやネットパンキングをよく利用するのですが、その際に財布やカードを取りに行くのが面倒なんですよね^^;

でもiPhoneは常に手元にあるので、このアプリを開けばすぐにカード類が確認できます。勿論、パスワード保護もできます。

正直、私はこの2つしか利用していませんが^^;、

それはこのアプリ単体としてだけの話です。後に紹介する「Dropbox」や「Evernote」等のクラウドサービスと連携することにより、更に便利に使えますが、それは次回と言うことで・・・

とにかく一度、

「スキャナー」で検索、ダウンロードしてみてください

「スキャナー」または「スキャナ」というワードでAppStoreを検索していただくと、有料無料合わせてかなりの数のスキャナーアプリがありますが、正直どのアプリも画像の鮮明さはそれほど大きな差はないと思います。

その中でも私がこのアプリを使用している理由として、①画像の修正が簡単、②DropboxやEvernoteなどへのアップロードが簡単、③撮影した画像をPDFに変換できる、④アイコンの見た目が良い、の四点です。

人気のあるジャンルのアプリのようで、無料のものもかなり数がありますので、いろいろダウンロードして試してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする