iPhone(スマホ)の便利な使い方3〜Evernote〜

iphone-676726_640

前回まではiPhoneで便利なアプリとして、スキャナーアプリの紹介、そのスキャナーアプリとDropboxとの連携、効果的な使用法についてご紹介しました。

今回はEvernoteの紹介と、スキャナーアプリとの効果的な連携・使用法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Evernoteとは?!

これもネットで「Evernote 使い方」等と検索すると、山のように情報は出てくると思います。「第二の脳」というキャッチフレーズもあります。

私なりに一言で言うと「どこでもすぐに見ることが出来る備忘録」でしょうか?

もう少しわかりやすく例えます。

●仕事でわからない事があり上司などに確認したところ、マニュアルには無いことだが慣例化しており、今後もそのやり方を踏襲する必要がある(中〜長期的な保存、記憶が必要)。

もう少し違った言い方をすれば、電話を受けた時のメモ程度のものではないもの=せいぜいその日、1日程度で決着がつくものではないもの

こういう時、スマホが普及する以前であれば

・付箋などに書いてデスクに貼っておく

・自分のノートに書き留めておく

・単に記憶しておく

といった方法が主ではなかったかと思います。それをEvernoteを利用することで、スマホだけで済む=机周りを付箋などで乱雑にしなくて済む、ノートを持ち歩かなくて済む、頭の中から忘れても平気!!と出来るのです。

62IPO7VGWF のコピー

●メガネを作った時にレンズの度数などがついた眼鏡手帳?をもらったが、度数やレンズのタイプだけわかっていればいいし、手帳だと普段は持ち歩きたくないし、家に置いておいても、どこにしまっておいたか忘れてしまう。

ちょっと例えが限定的なうえに下手で申し訳ないですが、このような時にはスキャナーアプリで必要なページを撮影して、Evernoteへアップする事でこの手帳は捨ててしまえます。

●研修、授業などで板書されたものを、ノートやメモをとりきる時間がない。

スキャナーアプリで撮影しましょう!!

と言うことで、こういう時にスキャナーアプリが活躍します。最近はカメラの性能も上がってきていますので、かなり綺麗に画像も撮影できます。またiPhoneはカメラの起動が速いですから(Androidは使ったこと無いのでわかりません(^_^;))、一度カメラアプリで写真として保存しておいて、後でスキャナーアプリでスキャンしなおしてアップする事もできます。スキャナーアプリの方がやはり綺麗に保存ができるので。

ここでは私の個人的な好みで↑↑↑のアプリを紹介していますが、無料のものも沢山ありますから、色々と試してみてください。スキャナーアプリは、Evernoteと連携できるものが殆どのはずです。

Dropboxとの決定的な違い

ここで、DropboxとEvernoteの決定的な違いについて、解説いたします。

検索方法が違う

Dropboxは、あくまでパソコン上のものをクラウドに保存する。その為、ファイルの格納・検索方法はWindowsであればExplorer、MacであればFinderということになります。

対してEvernoteはフォルダもあるが、フォルダの垣根を越えてタグで串刺し検索できます。例えば”Mac”というタグで検索すれば、全てのファイルの中からMacというタグが付いたファイルが呼び出される。

すなわち探すという目的に適している!!自分の紙のノート(第二の脳)がすぐに見たいページが検索できるMy辞書に変わる!!これこそがEvernoteの真髄です。

と、Evernoteばかり褒めちぎっている感じですが、前回述べたとおり、Dropboxもスキャナーアプリとの連携には欠かせません。という訳で、まとめです。

スキャナーアプリとDropbox、Evernoteの効果的な連携方法

まずはそもそもの

スキャナーアプリを使うメリット

を以下に挙げます。

①画質が綺麗

②PDFにも変換できる

③Dropbox、Evernoteなどのクラウドサービスへアップロードが簡単

等が挙げられると思います。

そのうえで

スキャナーアプリからDropboxへのアップロードが適している場面

としては、

・アップロードした画像を印刷したい場合

・私の場合なので、限られる状況かもしれませんが「そのままPC上の顧客ファイルに追加情報として利用できる場合」

対して

スキャナーアプリからEvernoteへのアップロードが適している場面

・今すぐに使う情報ではないが、今後も忘れてはいけない情報

・単純に研修時などの板書の撮影画像などの保管場所として

などではないかと思います。

その他にも、色々な活用方法があると思いますので、「自分はこういうやり方で使っている」というのがありましたら、是非コメントやTwitterなどで教えて下さい!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする