私のオススメ漫画 〜「マンガをお勧めする際のマイルール」〜

fairy-tale-1180921_640

私は以前まではとても漫画好きで、小学生の頃は漫画家になりたいという夢を持っていました。

その後音楽に魅せられてしまい、漫画家という夢は興味が薄れたのですが、それでも読むのはとても好きでした。

そんな私のオススメするマンガを何回かに分けてご紹介したいと思うのですが、その際の基準といいますかこだわりについて説明しています。

スポンサーリンク

マンガとの出会い

まずは私が好むジャンルや傾向を知っていただきたいと思います。

というのも、やはり好みの傾向が全く異なる方から勧められたものだと、いくらオススメされても全く響かないと思いますので。

私が初めにマンガに興味を持ったのは、小学校2年生の時にたまたま手にした週刊少年ジャンプで表紙を飾っていた「キャッツ♥アイ」を読んだ時でした。

北条司先生の描くキャラの美しさ、ユーモアのある話の展開など小学生ながら一気に引き込まれてしまいました。

私の好むマンガの傾向

c1aaf8cdceb3b349ed0b8696c5ad239d_s

キャッツ♥アイ見たさにジャンプを買うようになり、そこで「こちら葛飾区亀有公園前派出所」や「バオー来訪者」などに引きこまれていきました。

またそれから少し後に病気で入院する事になり、親にお願いして入院中には漫画誌を殆ど買ってきてもらっていました。

その中で特に印象に残っているのは「プロレススーパースター列伝」や「究極超人あ~る」、「タッチ」などサンデーの作品が多いです(この辺から年代や好みを察して下さい)。

そして大人になってからは多少財力も付きますから、完結しているものなどをまとめ買いして、どんどん本棚やカラーボックスが埋まっていったものです。

最近は子ども優先になってしまい、周りもそういう話題は少なくなってくるので、新しい物の情報はあまり無く、そもそも子どものモノが優先なので、本の置き場所自体が無いので殆ど買うことがありません。

しかし、たまにテレビやネットの情報で「このマンガが面白い」というものがあると、当然気になります。

ですが、そういった作品を読んでみても、正直あまり楽しめないことが多いのです・・・(T_T)

結局、おすすめする人の好みもありますので、単に私の好みのものをオススメするだけではなくて、まずはこれまでの私の好みの傾向をお伝えすることで、皆さんにも悲しいミスマッチが防げるかな、と思います。

しかし特定のジャンルであればどんな作品でも読む、ということもないのでむしろ読まないタイプのジャンルをお伝えしたほうがわかりやすいかと思います。

私の好まないマンガの傾向

cat-793269_640

と言うことで、まずはその筆頭ですが、

ロリっぽい絵柄

正直、あまり絵では判断したくはないのですが、この系統に限っては絵だけで拒否反応が出てしまいます。

そういったものでも話題となったものは手にとってみることもあるのですが、今まで全く響いたことがありません。

また同様の理由で同人誌なども絶対に受け付けません。

特に実際のマンガのキャラを使用した男色ものなどは、作者に対する冒涜だと思っています。

・・・と、ちょっと方向性がずれましたが、いわゆるアニメ絵というかそれ系のものはダメです。

バトルもの

例外もあるのですが、これも殆ど受け付けません。

正直、マンガの世界で誰がどのくらい強い、とかテーマとしてナンセンスも良いとこだと思っているのですが・・・

と今回は随分と毒を吐いてると自分でも思いますが(^_^;)、これ系もダメです。

小学生当時はそういう意識がなかったのですが、今思えばあれだけのヒット作の「キン肉マン」や「北斗の拳」等も私は全く興味がありませんでしたので、やはりその頃からバトル物は好きではなかったようです。

と言うことで、上記2つのものが好みの方は、私がオススメするものは全く響かない可能性があるので、お気をつけ下さいm(_ _)m

購入は古本屋で

22d991534513b9faff0d6aadb4ac4016_s

これについては声高に言うのもはばかられるところではありますが、勿論理由があります。

それは「再販、復刻版、重判だと内容が変わっている」事があるからです。

ネットですと、中身(何刷なのか)を確認することができません。

そのような理由で、紹介しているマンガはネットでの購入はあまりオススメしません。

これは、以前に持っていたマンガを再度購入したことがある方などはよくおわかりだと思うのですが、特に私がショックを受けたのはこ●亀です。

「元々のセリフを知らなければ関係ない」というレベルではなく、セリフや背景が全く変わっていて、ギャグとして全く成立していない、内容が変わってしまっている所が多々あるのです!!

という訳で、以上の点を踏まえたうえで他の記事も読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする