自転車にオススメのトップチューブバッグ

長距離ツーリングに自転車の楽しみを感じている私にとって、自転車(ミストラル)の積載性は大きな問題です。

そのため画像のトップチューブ上(ハンドルのすぐ後ろ)にあるバッグを購入しました。

スポンサーリンク

荷物をたくさん積み、すぐに取り出したい

過去のツーリングの経験から、着替え一式を持って行きたいのですが、そうするとオルトリーブのサドルバッグはもう殆ど物が入りません。

そこでサドルバッグ以外にも収納が欲しくなりました。

(と言うか、そもそもという話ではありますが、自転車用のウェアは非常に優れているそうなので、ウェアを購入すれば全てが解決するかもしれません・・・が、未だ気に入ったものが見つからないのと、お値段的に少しハードルが高く購入には至っていません^^;)

常に身につけておける安全性や、手軽さを考えるとリュックがベストなのですが、背中が蒸れて大変なので、早々に選択肢からは外れました。

因みに下部のドイターのような自転車専用のものであれば、かなりマシらしいのですが、お値段的にハードルが高すぎます。しかもたいして物が入らなそう・・・

その結果、当初はオルトリーブのサドルバッグを購入し、通勤には一応の満足は得ていました。

しかしツーリング時には、スマホや財布などは自転車から離れる時には持ち歩きたいですし、補給食などのすぐに取り出したいものはサドルバッグだけではちょっと不便です。

そのため、モンベルのトライアングルバッグを購入しました。

これはサイズの割には色々と収納できて、デザイン的にもすごく気に入っているのですが、以前の記事の通り、スマホからの音が聞こえにくいというほんの少しの不満があります。

当初、主に通勤の為と考え購入したGIOSミストラルですが、ツーリングの楽しみに目覚め始めてきました。 40km、100kmとツーリングを重ね...

そのためスマホの音が聞こえる位置に取り付けて、チラ見しながら走行できて、尚且つ収納できるものが欲しくなりました。

トップチューブバッグという選択

そこで毎度おなじみ、Amazonで探したところ、以下のものが良さそうと感じました。

第一候補はこのようなハンドルに取り付けるタイプです。

理由としては、断然、チラ見し易いであろうと思われるからです。

しかし、検討を重ねた結果断念しました。

なぜかと言うと、私のミストラルは既にサイクルコンピューターとバーエンドバーがハンドルに取り付けてあるため、十分な取り付けスペースが確保できないであろうと思われるからです。

多分、ロードバイクなどのドロップハンドルであれば、選択肢に入るのではないかと思います。

ちなみに、私の美的センス的に下記の様なものは選択肢には入りませんでした。

スマホを取り付けていない時の見た目が好みではないですし、何より落下しそうで心配なのです。

そのため、トップ画像で既にミストラルに取り付けてある、下記のタイプのものを購入しました。

こちらのトップチューブ上に取り付けるものの方が、種類も豊富でお値段的にも手頃なものが多いです。

取り付け時の見た目も完全にこちらが好みなのですが、走行中のチラ見は危険そうなので、そこは諦めました。

ちなみに、外観も価格も似たようなものが非常に多い中で、なぜこのこのトップチューブバッグ(フレームバッグ)を選んだかというと見た目です。

正確にいうと色なんですけど、私のミストラルは青色なので、あまりにも赤とかその他の差し色が目立つものは避けたかったのですが、そういう視点で探したところ残ったのがこのトップチューブバッグでした。

トップチューブバッグのレビュー

お値段的には2,000円以内で購入できているので、全く問題ありません。

ではその使い勝手など含めた評価ですが、結論から言いますと、「トップチューブに取り付ける見た目が嫌じゃなければ、この価格だし買って後悔はしない」です!

また私の購入したものは恐らく中華産の無名メーカーのものですが、それでも私的には十分な使い勝手ですから、Amazonなどでその他のブランドの物でも、見た目だけで購入しても大丈夫ではないかと思います。

積載性

私はこのトップチューブバッグの中にはサングラスと六角レンチ、ガムやハイチュウのようなお菓子類、スマホを入れています。

正直、サングラスを入れてしまうとかなりキツキツになりますが、それでも入れる場所が確保できたのは嬉しいです。

サングラスを入れなければ、パンク修理キットなども十分に収納できると思います。

私は未だに修理キットは購入していないので、わかりませんが・・・(^_^;)

多分、ほとんどのものが同じくらいの収納力があると思います。

取り出しやすさ

中身は取り出し易いです。

これって不思議なんですけど、手に持った状態でファスナーを開けようとするとかなり開けにくいんですが、自転車のトップチューブに取り付けて走行中(まわりに車や歩行者がいない状態で行なっています)に開けようとすると、するっと開くんです。

そのため、補給食やサングラスなど出し入れが、意外にもやり易いです。

逆に、スマホはちょっと取り出しにくいです。

なので、自転車から離れる時に取り出す時には、少し煩わしさを感じます。

携帯の使い勝手

透明のビニール(?)越しの操作ですが、まあまあではないかと思います。

当然ですが、指紋認証は効きません。

しかし、タッチ操作自体は出来ますので可もなく不可もなく、といったところかと思います。

視認性など

こちらは予想通りというか、やはり取り付け位置的に、走行しながらチラッと見るだけでも危険です。

もともと私は「走行中に、スマホアプリで走行中に音声を聞きたい」というのが1番の目的で購入したのであって、ナビ目的ではありませんから視認性については問題としません。

逆に、走行中にナビとして携帯を使いたい方は危険ですので、別の位置に取り付けるタイプにすべきです。

トップチューブバッグは買いなのか

私は購入して大満足しています。

私の様なニーズに完全に合致する方はいないと思いますが、例えば下記の様な方にはおすすめではないでしょうか。

  • サドルバッグを既に取り付けていて、プラスアルファの収納が欲しい。
  • 少しの収納と、信号待ちなどの際にだけスマホのチェックをしたい(ただこの様な用途であれば、スマートウォッチの購入も視野に入れた方が良いのかもしれません)。
  • とにかく収納場所を増やしたい。

意外とニッチなニーズとなるのではないかと思いますが、しかしそれ故に、条件に当てはまり更に見た目が嫌でなければ、お値段も含めとても頼もしいアイテムだと思います。