激安で買える国産機械式腕時計「セイコー5」のレビュー

IMG_8217

急遽、腕時計を購入しなければならなくなったのですが、そこで今回初めて知ったこの「セイコー5」という伝統ある機械式腕時計をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

腕時計が必要になった

まずは恒例の、なぜ買うに至ったかの経緯からお話させて下さい。

最近では、腕時計をしないという方も多いと思います。

私なんかは腕時計世代というのも変ですが、腕時計を男のガジェットとでもいうか、男心をソソるアイテムとして捉えていました。

なので小学生の頃にはデジタル時計をしていました(確かALBAのものでした)。

しかもその腕時計は、バイオリズムを表示できるという、今考えればよくわからない機能もついていました。

その後、中学、高校時代にも朝ギリギリに自転車を漕いで通学していましたから時計は必須でしたし、放課後、友達の家に遊びに行ったり出かけたり等する際にも、時間を知るには当然、腕時計でした。

しかし、携帯電話が普及することにより、腕時計の必要性が減ってきたのは周知のところだと思います。

【廃盤】【レア】【限定品】セイコー アルバ スプーン ALBA SPOON CORNELIUS MODEL W852-4000 コーネリアス 腕時計

(ALBAのspoonの最近のモデル。二十年くらい前、当時モノをしていました)

実際、私も数年前までは仕事の内容的にも腕時計を出来ない様な業務だった為、そうなるとプライベートでも殆どしなくなり、時計への興味自体もなくなっていきました。

しかし最近仕事の内容が変わったため、時間を頻繁に確認する必要が出てきました。

そうすると、その度に携帯を出して時間を確認するのが、面倒と思うようになりました。

そのため過去に父からもらったタグホイヤーの機械式腕時計をしていたのですが、なんと紛失してしまったのです!

そこで、15年くらい前に電池切れでそのまま押し入れに眠らせていた腕時計を電池交換してもらうため、時計屋に向かいました。

電池交換

IMG_8539

ALBAのAKA V091-5000というモデルです。

懐かしのデジアナというタイプで、ライトのボタンを押すと綺麗に文字が浮かび上がります。

こうしてみると、私は初めて腕時計をしてから、spoonといいこのAKAといい、ずっとALBAのものだけしているようです(この時計の後にもAKAのデジアナをしていました)。

見ての通り非常に大きくて、ステンレスのボティなので重量感も相当です。

デザインが個性的過ぎますが、15年以上は前のモノのはずなので、一周りしてむしろアリかな、と思って時計屋に行こうとしたのですが・・・

時計屋自体が無い!

これは地域性もあるでしょうが、純粋な時計屋さんと言うものが軒並み廃業しているのです(T_T)

そこで近くのホームセンターへ持って行きましたが、「ウチでは対応できないので、メーカーへ送ります。期間は1ヶ月ほど見て欲しい」と・・・

そこで更にネットで時計屋を検索した所、やっと見つけました。

そして、いよいよ休みの日にその時計屋さんに向かいました。

電池切れではない

そうしたところ「デジアナのものなので、2個電池を使っている可能性があります。その場合、料金は2倍になりますがよろしいですか?」と丁寧な店員さんに聞かれました。

二つ返事で応じましたが、実は内心「止まったのが同時だった気がするから電池2個使ってるとかありえないんでは・・・?」と思っていました。

30分位見て欲しいとのことで、店内を見て回っていると「zyuuzou様」とお呼びがかかりました。

そこで非常にショッキングなモノを見せられました。

店員さん曰く「ケースの中にかなりの水漏れがあり、電池も腐食していた。基盤がダメになっているので、電池交換しても・・・」との事で、私がみてもわかるくらい、内部が汚れていました。

そして確かに店員さんが言っていた通り、電池は2個使用されていました。

「こんな有様じゃ、そりゃデジタルもアナログも両方いっぺんに止まるよな」と思いながらも、裏蓋についてる「WATER RESISTANT 10BAR」は一体なんなのか・・・と憤りも感じました。

蛇足ですが、ここで腕時計の裏蓋によく記載されている「WATER RESISTANT」についても調べてみました。

IMG_8540

日本時計協会のHPによると、

5bar以上の防水時計でも水圧の激しいシャワーや水道水が直接時計に当たらないようご注意下さい。

と書かれています。

私は、そもそも手を洗う時などにも時計を外すのですが、もしかしたら誤って服に入れたまま洗濯してしまったのかもしれません。

いずれにしろ、最後の頼みの綱も切れてしまったので、新しく購入することを決意しました。

クオーツか機械式か

購入することは決意しました。

流石に年齢的なこともあり、デジタル時計ではなく針のアナログにしようとは決めていましたが、クオーツか機械式かで悩みました。

ここで時計の事に詳しくない方の為に、簡単にクオーツと機械式についてご説明したいと思います。

クオーツとは

  • 日本のセイコーが世界で初めて市販
  • デジタル表示もできる
  • 電池で動く
  • 色々な機能を搭載しやすい
  • 正確
  • 安価

機械式とは

  • ゼンマイで動く
  • そのゼンマイを手で巻く手動式と、腕にはめていると自動で巻かれる自動式がある
  • クオーツに比べ、誤差が生じる
  • 比較的高価なものが多い
  • ステータス性が高い

ここまで見ていただくとわかるように、「時計」というか「時間を知る」という行為に対して誠実なのは紛れも無くクオーツです。

対して機械式はクオーツに比較して高価なのに、時間はクオーツよりも不正確。

要するに現代社会では、時間を知るという行為の為に購入するというよりは、「時計」というジャンルの宝飾品といった意味合いや、社会的地位を示すステータスシンボル、または完全に趣味のアイテムといった性格のものです。

私はミーハーな時計好きなので、ROLEXやオメガ、ハミルトンやパテックフィリップ等の機械式時計くらいは知っています。

ただ、金額的にあり得ません(T_T)

この時の私の認識では「機械式腕時計は最低10万円以上」と思っていました。

ので、いきなり機械式腕時計の線はなくなり、クオーツに絞って探すことにしました。

そこでネットで色々と探すと、特にセイコーのものが安価でもクロノグラフや色々なモデルがありました。

[SEIKO]セイコー クロノグラフ 1/20秒高速測定モデル 腕時計 SND367P メンズ Mens 海外モデル 逆輸入 ウォッチ バックル [並行輸入品] [並行輸入品]

(実物はわかりませんが、画像で見ると結構いい感じがします。これで1万円台とは・・・)

しかし私はあまり派手なものは好きではないので、ROLEXのエアキングの様なシンプルなものが良いな、と思い探していると、なんとセイコーのもので5,000円代の物がありました。

それがセイコー5なのです!!

そして商品説明を見ていると更に驚くことが・・・なんとセイコー5は1万円以下にも関わらず、機械式腕時計なのです!!

1万円以下で買える機械式腕時計「セイコー5」とは

機械式腕時計は最低でも10万円以上・・・そう思っていた私にはセイコー5はあまりに衝撃的でした。

そこでネットで色々と調べた所、

  • 1963年から現在まで生産が続けられている
  • 現在は逆輸入でのみ手に入る
  • 価格帯は5,000〜20,000円代

等々の事がわかりました。

しかし、先ほど見つけた5,000円代の物は、結局リンク先では売り切れとなっていました。

円安等の影響ではないかと思いますが、多分今では最低でも6,000円代くらいが最安値ではないかと思います(2016年7月)。

しかし調べれば調べるほど、セイコーというブランドの素晴らしさに引きこまれてしまいます。

価格的にまるで手が出ませんが、上位ブランドとも言えるグランドセイコーの独自の技術であるスプリングドライブなど・・・

すっかりセイコーの虜になった私は、どうせ安いものを買うなら下手な見栄はやめて、むしろセイコー5の様なものの方が良いよな、と完全に気持ちはセイコー5です。

そして、たまたま見かけたこの意見が、舶来コンプレックスの私の気持ちを改めました。

  • ROLEXは「時計を知らない人がみて時計通だな」と思う時計。
  • グランドセイコーは「時計通の人がみて時計通だな」と思う時計。

セイコー5買います(^^)

セイコー5はグランドセイコーではなく、セイコーブランドですけども・・・^^;

セイコー5を使ってみて

IMG_8214

やっとレビューです^^;

このようなプラスチックの箱に入ってきました。

このような安価な価格設定のものが、箱に入っている事自体、少し驚きでした。

IMG_8215

画像を見てもらうとおわかりかと思いますが、よくわからない言語で曜日が表記されています。

一瞬「えっ?!」と思いましたが、なんと英語以外の他の言語も表記できるようです!!

IMG_8222

きちんとこのように英語でも曜日の表記がされます。

文字盤は紺色を購入しました。

本当は黒い文字盤のものが欲しかったのですが、どうしてもベルトが好みの物がなかったので、このタイプにしました。

まあ使っていると、これはこれで渋くていい感じです。

IMG_8219

裏面です。

悲しいかな、「MADE IN CHINA」のシールがバッチリと貼ってあります・・・(T_T)

このシールは裏面全体を覆っており、綺麗に剥がすことができます。

こうやって内部が見れるのは面白いですよね。

まあこれも通の方に言わせれば、「美しさがない」そうですが^^;

IMG_8535

腕にはめたところ。

軽さにビックリしました。

私は今まで、機械式腕時計はタグホイヤーのダイバーズウォッチしか使ったことがないので比較対象もそれだけなのですが、多分極端に軽かったり重かったりはないと思います。

サイズ的には大きすぎず、小さすぎず。男性にはちょうどよいと思います。

IMG_8536

この時、午後10時57分ですが、既に日付の表示がこのように動き出しています(笑)

まあ値段が値段なので、このへんはしょうがないですよね。

IMG_8534

ベルトは三つ折タイプです。

セイコー5の良い所

これは即答です。安い!!

まあ値段だけなら、クオーツなら他にもっと安いものもありますが、機械式でこの価格帯にしてはデザインや質感もお値段以上ではないでしょうか。

デザイン、質感、セイコーであること、そして伝統。

更に、裏面から機械式のメカニズムが見れるなどがセイコー5の魅力ではないでしょうか。

セイコー5の欠点

少しではありますが、気になる所があります。

一つは

秒針停止機能(ハック機能)がない

これも恐らくこの値段だからこそ、なのでしょう。

まあそもそも機械式なので、そこまで細かく気にしてもしょうがない、と思って納得するようにしています。

IMG_8533

もう一つは

リューズが固定されない

これは説明するのが難しいのですが・・・

リューズを締め込んでも、いつまでも回り続けると言うか、終わりが無いというか。

なので、少しでも水に濡れると致命傷となるのではないかと思います。

あとは欠点というと語弊があるかもしれませんが

丸1日つけていないと10秒以上遅れます

この辺は、やはり価格なりと言うことでしょう。

因みに以前使用していたタグホイヤーは、1日つけていない程度では気になる時差はでませんでした。

セイコー5は買いか?!

ここまで読んでいただいた方は、買ったほうが良いです(^^)

先ほども述べた通り、正確に時間を知りたいならクオーツが良いです。

機械式を欲しいという時点で、殆どはステータスかコレクター心からと思います。

セイコー5は明らかにステータス性以外のところですよね。

それは人によって様々だと思いますが、仮に失敗しても1万円以下で買えるものが豊富にありますので、大人の趣味の範疇としては許容範囲内ではないでしょうか。

もし「1万円も惜しい」という方は絶対にクオーツを購入したほうが良いです。

という訳で、ここまで読んだ方は買っても後悔しないはずです(^^)

セイコー5以外の激安の機械式腕時計たち

セイコー5を色々と調べていると、実は他にも10万円以下で買える機械式腕時計がありました。

アルカフトゥーラ

価格も魅力ですが、スケルトンで機械式の動きを楽しむこともできます。

B-Barrel(ビーバレル)

こちらは20,000円代〜が中心価格帯の様です。

シックなデザインで女性にも似合いそうですね。

JUNGHANS(ユンハンス)

こちらは50,000円代〜が主なラインナップと言った感じです。

個性的なデザインですが、価格の変動が大きいような印象がありますので、気になる方は何日か様子を見てから購入したほうが良いかもしれません。

いかがですか?

機械式腕時計は完全に自己満足の世界だと思いますので、個人的にはスペックはまるで無視して、100%見た目で買っちゃって良いのではないかと思っています。

良く「一生、使える時計」等というキャッチフレーズを目にすることもありますが、そこまで気張らなくても「気に入ったから買う」でいいのではないかと。

逆に気に入って買ったなら、どんなことをしても直しながら一生付き合うと思いますし。

と言うことで、私はこのセイコー5とどの位の付き合いになるのか、自分でも楽しみなところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする