底面フィルターとエビ水槽のその後

3

以前に金魚エビの水槽についてお伝えしておりましたが、その後についての経過報告をしたいと思います。

因みに上の画像は、上部フィルターの中に水草を植えているというか、置いていると言うか。

本当は上部フィルターを、全部水草と大磯砂にしてみたいのですが、空気中に晒しても大丈夫な水草というのがよくわからないので、こんな有様です^^;

スポンサーリンク

底面フィルターの導入

エビ水槽は底面フィルター+上部フィルターで運用しているとご紹介しておりましたが、底面フィルターの設置について触れていなかったので、まずはそちらを少しご紹介したいと思います。

t8

こちらが今回購入した底面フィルターです。

上部フィルターがNISSOのものなので、揃えたかったのですが、ネットで良さそうなものが探せませんでした。

実店舗にも行ってみましたが、全く置いていないため、お手頃価格だったこのフィルターにしてみました。

以前も少し触れましたが、一昔前まではNISSOで溢れかえっていた気がするのですが、最近は全然見ませんよね?

私が熱帯魚飼育に燃えていた頃はNISSO、ADA、EHEIM辺りが定番だったと思うのですが、最近はどれもあまり見ないような気がします・・・

その辺の動向も気になるので、また「楽しい熱帯魚」でも見てみようかな、なんて思ってます(^^)

t9

先ほどの中身です。

t10

私の指のところを見てもらうと、少し歪んでいるのがわかりますか?

凄く柔らかいです。

砂利を敷いたらたわんで、スノコの役割を果たさないのでは・・・?と疑念が生じるくらい柔らかいです。

t11

この画像だと更に歪んでいるのがわかり易いかと。

まあでも折角買ったし、使ってみます。

最悪、直ぐに壊れたとしても上部フィルターがあるので、濾過自体には深刻なダメージはないでしょうし。

t14

まあわかりきっていた事ではありますが、60cm水槽用なので、私の30cm水槽の上部フィルターとはすんなり連結は出来ません。

t17

普通の文具バサミでバリバリと切りました(^^)

t18

ピッタリです(*^_^*)

と言う事で、更に濾過能力も高まり、エビもどんどん繁殖するだろう!!

と、期待に胸を膨らませていましたが、

な、な、なんと!!

全滅しました。

(T_T)

エビ水槽たちのその後

t7

※購入してきたエビを入れる前に、水温合わせをしています。

当初購入したエビは、日に日にお亡くなりになっていきました・・・

その後、再度購入しましたが、やはり全滅・・・

今までこんなに★にした事が無かったので、何が原因かさっぱりわかりません。

と言うか、逆に言うと今までと違う水槽であったり水質であったり水温であったり、といろいろと可能性があるため、原因を絞りきれません。

スネールキラースネールだけは、いまだ健在です。

なので、暫くの間はスネールキラースネール1匹だけの水槽でした。

因みに・・・

金魚も初期の段階で、白点病で2匹を失っていましたが、その後暫くしてから先住の大きめの金魚も★になり、今年金魚すくいでやってきたちびっこ1匹だけが残りました。

こちらも原因がわかりません。

白点病は完全になくなっていたと思うのですが・・・

と言った感じで、なんだかショボーンな感じになっていました。

原因がわからないので、あまり皆さんの参考にならないかもしれませんが、取り敢えず自分への戒めも含めてご報告と言う事で(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする