GIOSミストラルでロングツーリング!160kmの1人ブルベに挑戦

当初、主に通勤の為と考え購入したGIOSミストラルですが、ツーリングの楽しみに目覚め始めてきました。

40km、100kmとツーリングを重ねる毎に、より距離を伸ばしたいという思いとともに課題が色々と見えてきました。

それらを順次、以下の様に解決してきました。

手の痛みにはバーエンドバーを装着し、エルゴグリップへ交換。

GIOSミストラルを購入してからやってみたかった事として、通勤の他に長距離のサイクリングがあります。 自転車関係のブログなどをみている...

 

ひとつの目標であった(ほぼ)100kmツーリングを達成しましたが、何点か課題も見えて来ました。 その中でも、最も優先順位の高いのが「手...

 

そして荷物を積む為に、オルトリーブのサドルバッグ、モンベルのトライアングルバッグを装着しました。

GIOSミストラルを購入し、片道約8〜10kmの道のりを楽しみながら自転車通勤していたのですが・・・ 通勤の際には、携帯電話や財布など...

 

サドルバッグを購入してバーエンドバーを購入し、次のツーリングの準備は万端! ・・・というわけではありませんでした。 前回の40k...

 

ミストラルの準備は万全(身体は⁉︎)

次はどこへ行ってやろうか・・・?と考えていた時に、たまたまブルベというものの存在を知りました。

 

スポンサーリンク

ブルベとは

ブルベ:Brevets)とは、タイムや順位にはこだわらず、制限時間内での完走を認定するロングライドサイクリングイベント[1][2]。管轄する組織やルールによって様々なものがあり「ブルベ」とはフランス語で「認定」を意味する

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルベ

他の方の自転車のブログやtwitterなど見ているとちょくちょく目にする言葉ですが、最初は何かの略語かと思っていました。

順位を競うというものではない、というのが私の性格的に向いていそうです。

しかも私の住んでいる地域でも、年1回開催されていたのです!

まあ、残念ながら1ヶ月前に終了していたのですが・・・

でも、いきなり本番にチャレンジするのは、ビビリの私にはハードルが高すぎますので、事前準備のつもりで1人ブルベにチャレンジしてみようと思いました。

地図を眺めていると、なんとなく想像はつきますが結構な登りなどがあります。

因みに獲得標高約2600mだそうです。

獲得標高とは

簡単に言うと、スタートした地点から100m登れば「獲得標高100m」、そこから下って、下死点からまた100m登ったら「獲得標高200m」と言う様にカウントするので、正式には累積標高というようですが、なぜか自転車の世界では獲得標高という表現がデフォルトの様です。

 

ひとりブルベのコース

正直、数字で獲得標高2600mと言われてもピンときませんが、何度も車では通っている道ですし、桁違いのスケールなのは容易に想像がつきます。

しかも、昇り下りだけではなく、距離も半端ないです。

とてもじゃないですが「1日で走破できる距離なのか・・・⁉︎」全く想像がつきません。

その距離200km !

私のこれまでの平均時速が約15km/時です。ただしこれは、走行時のみのカウントで、休憩時間などは除いています。

単純計算で、休憩を抜きにしても約13時間30分・・・

今までの最高の時間が100kmツーリング時の約8時間でしたから、かなり厳しそうなので、少しショートカットをしてチャレンジしてみることにしました。

ショートカットしたコースを、Googleマップで調べてみると約160kmでした。

市街地〜田舎道〜山2つくらい〜湖といったコースです。

前回の100kmツーリングプラス60kmなので、なんとか行けそうな気がします。

あとは1人ブルベチャレンジの日の天気予報を調べてみると、1日曇天の様ですが雨は降らなそうです。

いよいよ出発です !

 

(ひとり)ブルベの装備

ちなみにこの時は6月上旬でした。

まだ少し肌寒い時期でしたので、パーカーに下衣はジャージ。

そしてオルトリーブのサドルバッグには、春秋用の少し暖かい上着と下衣。因みにこれだけでサドルバッグはいっぱいです。

モンベルのトライアングルバッグには鍵、携帯、財布・・・

そうです。今回もパンク修理キットは不携帯です(・Д・)

いつもの「まあなんとかなるだろう」という根拠のない思い込みです。

あ、あとフェイスタオルを腰に挟んでます。

こんな軽装備で出発したのは午前10時でした。

出がけに、妻が車につけていた会社の鍵が見当たらない!と言い出し、探しているうちにこんな時間です・・・

ちなみに、このとき2018年6月。

この記事をかいているのは2019年5月ですが、今現在、まだ鍵は見つかっていません・・・(T ^ T)

 

160kmひとりブルベスタート

初めての100km越えツーリングですが、道程は車では何度も通っているコースなので、特にスマホのナビなどは設定しませんでした。

時間も設定していないので、タラタラと漕いで行くつもりです。

 

最初の休憩・ラーメン屋 0〜20km地点

11時30分。スタート地点である自宅から20km程度進んだところで、お昼近くになりました。

ちょうど、以前によく通っていたラーメン屋さんがあったので、ここでお昼ご飯にしました。

食後、その隣のドラッグストアで飲み物を購入して、再スタートです。

ここまでの感想としては、とにかくエルゴグリップの絶大なる効果に驚きました。

全く手の痛みがありません !

バーエンドバーの必要性を全く感じさせないほどです。

エルゴグリップのレビューでもお伝えしていた通り、純正グリップの時には路面からの衝撃が凄かったのですが、エルゴグリップに変えたことで振動を殆ど感じさせません。

これは余裕しゃくしゃくでゴールまで行けそうな気がしてきました !

12時30分発。

 

2回目の休憩・スーパー 20km〜40km

休憩からの再スタートでは、道を間違えながらも車で走っている時には気づかない、その風景を楽しみながらマイペースで漕ぎ続けます。

この辺りから農道に入ります。

道路が狭いわりには交通量が多く、少しヒヤヒヤしながら、でもなるべく車の邪魔にならない様に出来るだけ端に寄って走ります。

そんな農道に突如、スーパーが出現です。

確か、この先には暫くお店などはなかったはずなので、ここで2回目の休憩を取る事にします。

13時30分。トイレをお借りして、再び飲み物を購入しました。

さきほどラーメン屋さんでラーメン、餃子、ご飯を食べたので、正直全然お腹は空いていませんが、低血糖、いわゆるハンガーノックだけは避けたかったのでカロリーメイトを購入しました。

この先は本当に山を2つくらい超えますので、道中でお腹が空いていなくても定期的に口に入れながら進みます。

 

40km〜60km

ここからは本当の山に入り、ひたすら登りです。

これでもかという位、登りの連続です。

途中、全く人の気配がないので「ここで熊に出くわしたらどうしよう・・・」と怖くなってきました。

そのため無駄にベルを鳴らしながら進んでいきました^^;

記憶がおぼろげですが、この間スピードは4kmくらいしか出てなかったのではないかと思います。

蛇の死骸を何度も見ました。

山道なので、道路に出てきた蛇がたまに来る車に轢かれてしまうんでしょうね・・・

また、結構大きな蜂も近くを飛んでいきます !

「だからブルベはまだあまり暖かくない虫の少ない時期にやるのかな・・・?」なんて考えながらひたすらペダルを漕ぎ続けます。

はっきり言って段々、苦痛になってきました。

この時は1日通して曇天で、気温もそこまで高くはなかったのですが、汗がとめどもなく流れてきます。

実はこの時はまだ帽子やヘルメットは被っておらず、サングラスも購入していませんでした。

そのため苦痛もより大きくなっていきます。

この時の経験から、その後帽子とサングラスを購入したのですが。

ちなみに私は殆ど立ち漕ぎ(ダンシング)はしません。

この終わりの見えない坂道で立ち漕ぎをしても、余計に疲れそうで、ほぼ座ったままで漕ぎ続けます。

ここでとうとう水分が無くなってしまいました。

まだ登りの頂点は見えません・・・

とりあえずさきほど購入したカロリーメイトを口にいれながら進みます。

しかし登りの連続だからか、手の痛みは未だありません。

この辺りで16時30分くらいでした。

「今日中に家につけるか・・・?」不安が頭をよぎります。

 

3回目の休憩・自動販売機 4回目の休憩・駐車場 60km〜80km

やっと下りに入りました !

登りが恐ろしいくらいの斜面でしたので、下りもかなりの距離をかなりのスピードで下ることが出来て、楽チンです。

ただ、転倒が怖いのであまりスピード出しませんが。

ちなみに下りの最高速度は44km/hでしたので、やはりそれなりの急勾配でした。

降り切ってまた少し登り下りすると、やっと自販機がありましたので、また少し休憩です。

時間は17時半くらい。

ここで既にカロリーメイトも無くなっていました。

山の麓には湖があり、湖畔を走っていくのですが、気持ちいい !

人ってなんで水が好きなんでしょうね。

公園とかでも噴水があったりとか、水場があると自然に人が集まりますよね。

暫く水辺が続きます。

何度も車では通っていた道でしたが、自転車で通るのは初めてです。

ここで気付いたのですが、ここから100km地点くらいまではずっとゆるやかな下りなんです。

やっぱり何回通っていても、車では気づかないことってあるんですね。

ただ、この辺でお尻の痛みが酷くなってきたのと、軽い頭痛が出始めました。

画像は約80km地点で、お土産物屋さんなどがある駐車場での記念撮影です。

これはtwitterにも画像をアップしているので、正確な時間がわかります。

このとき、18時12分・・・自宅まで約60kmです。

 

5回目の休憩・コンビニ 80km〜100km

80km地点からもゆるやかな下りが続き、完全に山を抜けてやっとコンビニなどが出現してきました。

ホッとしますね(^^)

40過ぎて、コンビニの脇で地べたのひとり飯です。

時間は確か、19時すぎていたと思います。

スタートして9時間経過です。

時速(約)11kmといったところです。

半端ない登りが続いていましたので、こんなものでしょう。

ここで食べた後、暫くして気付いたのですが、頭痛がいつのまにか無くなっていました。

もしかしたら、軽いハンガーノック状態だったのでしょうか・・・?

いずれにしても、お尻の痛み以外は万全です(^_^;)

 

6回目の休憩・コンビニ 100km〜140km

100kmからは、ライト点灯が必要なくらいに暗くなってきました。

なんですが、悪い癖です。

前回の(約)100kmツーリングと同じ道は通りたくないなと考え、普段は殆ど通らない道を選んだのですが、これが恐怖でした。

やはり、普段車では何度も通っている道なのですが、自転車だと辺りが暗すぎて結構な恐怖心があります。

なので、一気に約40km走り続けました(^◇^;)

というか、このルートには安心して休憩できる様なコンビニなどの施設がそもそも無かった、というのもあるんですが・・・

何はともあれ、愛車ミストラル、ライト等の機材には何のトラブルもありません。

ただただ、お尻が痛いです・・・

コンビニではお菓子などを購入して、小休憩。

あとは普段通勤などで馴染みの道をひたすら漕いで行きます。

時刻は21時を過ぎています。

 

140km〜160km 自宅到着!

この区間は、地元でもあり街灯も十分なので、取り立ててご報告できる様なこともなく、ただただお尻が痛い!それだけでした。

自宅に到着したのはちょうど23時、実にトータル11時間の1人ブルベでした。

 

約160km 11時間の1人ブルベを終えて

まずは結果から。

総走行距離160km

総走行時間11時間

平均速度14.9km/h

獲得(累積?)標高1854m

以上の様な結果となりました。

私はRUNTASTICというiPhoneアプリで記録しています。

ただバッテリーの節約のために、長い休憩を取るときには一旦記録をストップするんですが、そのままリスタートし忘れて走り出すことが多々あります。

そのため、実際の総走行距離などの記録は、もう少し多いです。

 

次回の1人ブルベ(ロングライド)へ向けて

今回の1人ブルベを終えて、改めて自分自身の自転車との向き合い方というか、自転車に求めるものがはっきりと見えました。

私は「自転車で色々な所へ行きたい」タイプです。

車に自転車をつけて移動して、目的地で自転車に乗って楽しむだとか、輪行というのはあまり興味がない様です。

そういう面で改めて機材(ハード)と自分自身(ソフト?)を見直してみました。

機材面

ハンドル周りは、FOGRIAバーエンドバーとGIZA PRODUCTSエルゴ グリップで大満足なのでこのまま行きます。

お尻の痛みはひどかったのですが、これはある程度は仕方ないのではないのかな?と思っています。

なにしろ、乗車時間も長かったので・・・

気が向けば、もしかするとシートを交換してみるかもしれませんが、沼の可能性が大きい気がします・・・(^_^;)

あとは、スマホを見やすい何かが欲しいな、と強く思いました。

RUNTASTIC(アプリ)の設定で、何分かおきに現在のペースを女性の声で教えてくれるアラートがあるんですが、ポケットとかトライアングルバッグの中だと聞こえにくいんですよ。

別にレースをしているわけではないので、聞こえないからといって困る訳ではないんですけど、たった1人で走り続けているので気分転換というか励ましにもなるので、アラート音声を聞ける様にしたいんですよね。

あと、見える位置に置くことで、一旦止めたアプリのリスタートを忘れない様にすることも出来そうですし。

スマホを自転車で使用するなら、この2つのタイプのどちらか、ということになりそうです。

ここは今後、検討していきます。

 

自分自身

今までは、絶対的なスピードというものにはまるで興味がありませんでした。

しかし私は「自転車で色々なところに行きたい」という想いがある事に気付きました。

ところで、今回のツーリングを通して、1日に移動できる距離は160kmというひとつの目安ができました。

そこで思ったんですが、「これって、より遠くまで行きたいと思ったら、スピードを上げて距離を稼がなきゃならないよな・・・」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こうやって多くの人が「クロスバイク→ロードバイク」の自転車沼へハマるのか ! ?

 

でもとりあえず今は、経済状況的にありえないので、ここは一旦保留です(^_^;)

 

あとは、学校の先生が言ってた「遠足は家に帰るまでが遠足です」の言葉の意味が心の底から理解できました。

いくら自宅の近くまで来たといっても、車庫に自転車をしまって玄関に入るまでは、何があるかわからないんですよね。

自宅が見えたからといって、油断してると突然、歩行者が飛び出てきたり、車が飛び出してくるかもしれませんし。

ですから、最後の最後まで気を抜いちゃいけないという事を、心の底から実感しました。

何はともあれ、お尻の痛みはハンパないものの、無事に初の1人ブルベ(ロングツーリング)を終えることができました。

自転車もほぼ満足いく形ができてきましたし、折を見てまた出かけてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする