幼児に理想的な英語教育とは

小さいお子さんをお持ちのお宅では、幼児教育に熱心なご家庭も少なくないと思います。

巷には沢山の英語教材が溢れており、家庭で乳幼児に聞かせる英語のCDや英語DVDなどや、胎児に聞かせる英語のCDなども販売されています。

また小さい時から英会話教室などに通ったりされている子もいらっしゃるかもしれません。

しかしそれらの幼児向け英語教育方法は果たして有効なのでしょうか?
逆に弊害などはないのでしょうか?

また理想的な幼児向け英語教育はあるのでしょうか?

皆さん、気になる点だと思います。

実は、ちょっとしたきっかけで、うちの子にも英語教育を勧められました。

しかしうちの子供は、そもそも言葉があまり達者ではありません(^_^;)

それなのに英語?と思い、そもそもなぜ子供に英語教育をするのか、と考え色々と調べて見ました。

スポンサーリンク

幼児に英語のCDを聞かせたりDVDを見せる事は効果があるのか?

書店には乳幼児向けの英語教材があり、最近のものはCDやDVDが付属しているものが多いと思います。

ただ流しておくだけで「自然に英語が身につく」というような宣伝文句が多いですが、果たして本当でしょうか?

残念ながら、CDやDVDで見聞きした英語は、そのままでは幼児の脳には残らないのだそうです。

英語を話す生身の人(大人)の側で聞いたり見たり、または大人が幼児に英語を生の人の声として話しかけ、さらに幼児がそれに反応することによって初めて音声としての英語が脳にインプットされます。

逆に0歳児から3才未満の乳幼児に、長時間CDを聞かせたりDVDを見せることは、子供の成長にとって弊害があるようです。

大人が傍にいて聞いたものや見たものを共有するのであれば、そこに会話、語りかけがあるのでまだ良いのでしょうが、子供一人に聞かせたり見せたりしておくことは絶対にやらない方が良いと思います。

子供は英語を聞いているか?

意味のわからない英語の音を子供は聴いていません。音が単に聞こえているだけです。

もしおもちゃなどで遊んでいる時であれば、聞こえてくる英語はただ単なる雑音にしか過ぎないでしょう。

子供が3歳以上になると、大脳の聴覚野というところがある程度出来上がっているので、聞きたい音に集中して聞きたくない音を無視するという事もできるようになってきます。

しかし流れている英語が大好き、という子なら別でしょうが単なるBGM的に垂れ流している英語は全く記憶に残らないでしょう。

これらの事から、CDを流したりDVDをただ単にかけ流しているという状態での英語教育は全く無意味と言えると思います。

幼児に英会話教室は効果があるのか?

幼児向けの英会話教室の多くは、アルファベットが書かれたブロックなどや、物の名前や数字が書かれたり色分けされたブロックなどを使用することが多いと思います。

3歳になる前から、アルファベットや英語で書かれた色や数や物の名前をたくさん教えることは、英語学習にとって意味はなく更に日本語自体を覚えることを困難にする原因ともなりかねないのだそうです。

物の形や色、数などによって物を区別できるようになるのは3歳頃からだと言われています。

そのため3歳未満のこどもに色や数、形の名前を教えたとしても子供はその意味や使い方がわかりません。

またリラックスできて安心して過ごせる家から、全くの別な場所である英会話教室などに行くことで、単純にストレスを増大させるという事もありそうです。

英会話教室の中では、他の生徒である知らない子どもたちとの関わりがあります。

家の中ではいつも自分が主役です。

そこではお母さんやお父さんが心ゆくまで一対一で相手をしてくれます。

しかし、英会話教室では先生は基本的に1人でしょうが、子どもは何人かいるはずです。

そのとき先生は、なかなか個別での対応はできないと思います。

自分の子はその中の一人にしか過ぎません。

先生は教室の中の子全員に向けてお話しします。

そんな中で、ひとりの子が言ったことに対して先生はそのたびに返事を返す事が出来ないかもしれませんし、授業の流れと関係ないことを言ってしまえば無視されるかもしれません。

もしかすると、「静かに話を聞きなさい」と言われてしまうかもしれません。

例え優秀な先生がいたとしても、子どもに英語を教えるという事に関しては最も適さない方法や環境といえるのではないでしょうか。

英語は教えるのではなく、語りかける

さきほども述べましたが、幼児英語教育で多く見られるのは、色や形、数や身近な物の名前をカードにして先生の真似をして英単語を言わせる指導法のようです。

しかし、乳幼児に英語をリピートして言わせることを強制してはいけませんし、特にリピートした子供の発音を正すなどはしては自信もなくすでしょう。

うちの子供は「か行」が苦手です。

「かさ」を「たさ」、「がっこう」を「たっこう」など、た行で発音してしまう事が多い様です。

初めのうちは「もう一回言ってごらん」と言うと、何回か繰り返しましたが、そのうち「わかんない」と言って繰り返すのをやめてしまいました。

何かを話してそれを直される、という事を繰り返されることで、子どもは「言えば直される=言わなければ直されない」となってしまい、言葉を話さなくなってしまうのです。

それは英語も同じでしょう。

大人は自分が教えたとおりに子どもが出来ないと、手を貸したくなったり言葉で責めるような事をいってしまったりするものです。
このような大人の態度に接することで、子どもは萎縮してしまいます。

そうではなく、リピートの強制や発音を正すなどはしないで、本やカードなどを見せながら語りかけます。
そうしていると子供は自然とその単語を口に出すようになります。

子どもが同じ事をしつこく何度も繰り返して話し、面白がっている様子を見たことがあると思います。それと同じことです。

そして、その言葉を自分で話すようになったら沢山、褒めてあげます。

これは言葉の習得に限らず、子どもに英語を覚えてもらう、そして子育てそのものと全く同じことと言えると思います。

CDやDVDは親と一緒に

これもさきほども少し触れましたが、一緒の時間を共有するのであれば効果があると思います。

そしてそこで、お母さんが一緒にDVDの内容を歌う、話してあげたほうが良いと思います。

これも英語に限らず、子育てそのものと同じことだと思います。

お母さんが楽しそうに歌っている、話しているのを聴けば、子どもも必ず真似をしてその内に同じ単語を話したり自分で歌いたくなってきます。

子供が自分から話しだしたり歌いたくなって歌うようになれば、自分から新しい歌や言葉を聞きたくなり、自発的にCDやDVDを手にとるようになるはずです。

楽しいと思うこと

色々と述べましたが、最終的には「子どもは楽しいことは自分からやる」という事を忘れないで頂きたいと思います。

これは言葉だけではなく、何でもそうですよね。

そして見落としがちですが大事なこととして、大人であれば楽しくない、嫌なことであれば自分の意志で続けることをやめる事ができますが、子どもはできません。
お父さん、お母さんに続けなさいと言われるとやめる事が出来ないのです。
その事で、子どもが悲しい思いをする事がないよう、無理なく続けて下さい。

そしてどうしても子どもが英語が嫌だ、という時は親のエゴを押し付けるのを止めてあげて下さい。

チャンスは何度でも来ますし、自分で必要と思う時には子どもは自分で動くと思うからです。

自分の子供を信じてあげれる様に、親の私たちも頑張りたいですよね。

ネイティブと対等に話せる英会話力へ!【Nativebuster Pro】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする