GIOSミストラルでダイエットを!!自転車通勤を始めた

%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%82%b9%ef%bc%91

前回、男40代の自分磨きと称して、私のみっともない身体を晒しました(^_^;)

そのうえでダイエットの決意をブログ上で著した訳ですが、その中の方法のひとつとして「自転車を購入する」というものがありました。

えぇ、そうです。

タイトルの通り、早速購入したのです\(^o^)/

イタリアのGIOSというメーカーの、ミストラルという自転車です。

スポンサーリンク

自転車通勤の為にミストラルを選んだ理由とは

実は、だいぶ前から自転車は欲しかったんです。

以前にSTRIDERについて

6歳児がストライダーに乗ってみた

という記事などでご紹介していましたが、その際にカテゴリーを敢えて「自転車」に分類していました。

もしかしたら「なんでSTRIDERなのに自転車?」と思われた方もいたかもしれません。

その記事を書いた時から「いつかは自転車を買おう。その時にはブログで紹介したい」と考えていました。

またSTRIDERというカテゴリーを作ってもさほど記事数は増えないだろうなー、とも思っていたので、敢えて自転車というカテゴリーを作り、STRIDERもその中に入れていたというわけなのです。

そして、前回の記事のような心境の変化と言うか、決意が出来た為に自転車の購入に踏み切りました。

まずは色々な種類の自転車を考えた

天吊/自転車/バイクラック/リフト/自転車ラック/スタンド

自転車通勤をするにあたって、まずはどのような種類の自転車を選べばよいのかを考えました。

私の自宅から職場まではかなりのアップダウンがあり、距離は約9km。これまでは毎日、車で通勤していました。

今まで学生時代にはせいぜい2km程度で、しかも全くと言っていいほどアップダウンの存在しない道路を走っていましたので、この9kmという距離もさることながら、登り坂を自転車で登りきれるのかがとても不安でした。

実はミストラルを購入する前に2,3度、自転車で職場まで通っていました。

何とか通勤の往復はできていましたが、しかしその自転車はまさかの折りたたみ自転車です。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ自転車 m6シリーズ m6-WHITE 20インチ パラレルツインチューブフレーム採用モデル かご・泥除け付き

2008年頃にホームセンターで1万円程度で購入したもので、申し訳程度に6速ギヤが付いていますがとても登り坂が辛くて、このままでは自転車通勤自体が嫌になりそうです(^_^;)

しかし、そこだけに特化して選ぶとなると、電動自転車になってしまうのかなー、と・・・

電動自転車

今まで1回も電動自転車に乗ったことがないので、乗ってみれば電動自転車なりの楽しさはあるとは思うのですが、予算的にあり得ませんので、今回はパス。

※調べてみたらこの位のお値段でそこそこの評価のものもありますが、国産メーカーだと8万円〜くらいです。

ママチャリ

自転車 シティサイクル ママチャリ シマノ製6段変速 26インチ 通勤 通学 街乗り メンズレディース カラー/ホワイトレッド

ママチャリも悪くはないですよね。

でもブリヂストンとかのママチャリを買おうとすると、あと少しだけ出すとクロスバイクとかマウンテンバイクが買えちゃいます。

学生時代はママチャリばかり乗っていましたから、もう少し違うタイプのものが欲しいです。

マウンテンバイク

ビアンキ(BIANCHI) CYCLE 2017 KUMA 27.4(3x8s Vブレーキ)MTB27.5” マットブラック 43

実は10年以上前ですが、ホームセンターで無名メーカーのマウンテンバイクを買ったことがあったんです。

その時はクロスバイクとマウンテンバイクの違いも全くわかっていなかったので、マウンテンバイクならすげースピードでどんな所でも走れるんだー、と思ってました。

ギヤの数はもう忘れましたがかなり多く、家の周りの畑やあり得ない草むらを喜々として走っていました(因みにその当時、29歳でした(^_^;))。

その時、マウンテンバイクは普通の自転車では走れない所が走れて楽しかったんですが、フロントサスペンションが付いているタイプだったのです。

マウンテンバイクなんだから、サスが付いてるのは当たり前じゃん!!て話なんですが、登り坂がきつかったんです。

登り坂ではハンドルに思いっきり荷重しますが、フロントサスペンションがあることで路面にダイレクトに力が伝わらずに逃げているのが凄くよくわかったんですよね。

なので、遊びに使うだけの自転車ならマウンテンバイクも充分楽しくて良いんですけど、今の私の通勤にはちょっと向かないかなー、という感じです。

ロードバイク

TRINX(トリンクス) 【ロードバイク】 エントリーモデル 軽量 アルミフレーム R600 R600 ホワイト

もしかしたら、私の使用用途からすると若干行き過ぎな感じもありますが、かなり高い領域での満足感を得られるのがこのタイプではないかと思います。

こういう自転車にサイクルコンピューターなるものを付けて、最高速アタックしてみたいなー・・・とか(^_^;)

しかし、ソソるんですがこれも価格的にちょっと無しかなー、と・・・

低価格帯のものもあるのですが、それらはロードバイクの「雰囲気タイプ」のもので、自転車の世界では「(ロードバイク)ルック車」と呼ばれるようです。

※因みに雰囲気タイプのルック車というものはロードバイクだけでなく、マウンテンバイクやクロスバイクにも存在します。

クロスバイク

GIOS(ジオス) MISTRAL(ミストラル) クロスバイク 2016モデル 480サイズ (ジオスブルー)

まあ、冒頭で述べております通り、結局購入したのはクロスバイクです。

当初、自転車を購入しようと考えて調べだした際に、まずクロスバイクとマウンテンバイク、ロードバイクの明確な違いがよくわかりませんでしたので、自分なりに調べてみました。

簡単に言いますと、ロードバイクはとにかく速さを求めた自転車。マウンテンバイクはそれこそオフロードと言いますか、ママチャリなんかだと厳しい山道などの路面も楽しく走れる。

クロスバイクはその中間・・・という事のようですが、日本でおすすめされている車種はオンロードよりのものが殆どのような気がします。

なので私なりに一言で言うと「ママチャリより快適に通勤出来る自転車(+更にスポーツとしての自転車もそれなりに楽しめる)」と言った感じです。

悪く言えば、中途半端なんですね(^_^;)

しかし色々な方のブログなどを見ると、明らかにママチャリよりは快適に走れる(乗り心地という意味ではありません)という記事を良く目にします。

そして何より価格が手頃です!!

結局それが決め手だったのですが、車体だけであれば約5万円程度で購入できます。

先程も述べましたが、ブリヂストンなどのきちんとしたメーカーのママチャリを買おうとすればそのくらいになっちゃいますので、5万円程度というのは心理的ハードルもかなり低くなります。

という訳で、クロスバイクに絞って車種を決めることにしたのでした。

次は、ではどの車体を購入するかです。

GIANTとGIOSのどちらにするか

R)Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2015年 -サイズ

※画像はGIANTのESCAPE R3(エスケープ R3)というモデルで、GIOSのミストラルと双璧をなすクロスバイクです。

ネットで調べてみると、クロスバイクを買うならほぼこの2択のようです。

と言うのもどちらもほぼ5万円代で購入でき、パーツなどの品質やバランスも良いようで所謂、コスパの良い2機種ということの様です。

まあ正直、パーツはそこまで拘りませんよ。

素人だからよくわかりませんし(*_*;

なので、単純に見た目でGIOSを選びました。

ネットでのレビューを見る限り、多分どっちでも後悔しないのではないかと思いましたが、私はGIOSの方が好みでした。

因みにGIANT ESCAPE R3の方が若干軽いようで、そこが少し気になりましたが、やはり見た目のインパクトには勝てません(^_^;)

GIOS ミストラルには定番カラーとして鮮やかなブルー、GIOSブルーというものがあるのですが、やはり私もその色が欲しかったのです。

私の住んでいる所はそこそこの田舎ですし、周りを見渡してもGIOSブルーの自転車を見たことはないので、それも購入の後押しをしました。

と言う事で、次回はGIOS ミストラルの購入についてや開封の儀などをお伝えします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする